質問13:式台のある玄関を作りたいのですが? ~初心者のためのインテリア3D教室

式台の付いた玄関

宮崎:前回、上がり框の表現を教えていただきましたが、式台付きの玄関も作れますか?

西脇:はい、式台付きの玄関も、やはり手動で作れます。さっそくやってみましょう。

前回作った上がり框のある玄関はこんな感じでした。

【上がり框の下部に三和土の立ち上がりを付けました。】

これに式台を付けていきましょう。
式台の土台部分と、その上に載せる踏み板、今回はいずれも3Dモデリングで作ります。
まず、土台の部分を3Dモデリングの直方体で作ります。

ツールバーの中から「形状作成」を選びます。

【形状作成ツールの「直方体」を選びます。】

【形状作成ツールの「直方体」を選びます。】

【平面図上で土台を置きたいところにマウスポインタを合わせてドラッグします。】

【平面図上で土台を置きたいところにマウスポインタを合わせてドラッグします。】

【でっかい壁のようなものができますが、気にしないで進めます。】

【でっかい壁のようなものができますが、気にしないで進めます。】

【出来上がった3D形状を、立面図で土間に接地させ、高さを調整します。】

【出来上がった3D形状を、立面図で土間に接地させ、高さを調整します。】

【土台が出来上がったら、この形状をコピー&ペーストで複製します。】

【土台が出来上がったら、この形状をコピー&ペーストで複製します。】

【土台が出来上がったら、この形状をコピー&ペーストで複製します。】

【土台を作った時と同じ操作で、厚みと幅を調整して、踏板を作ります。】

【土台が出来上がったら、この形状をコピー&ペーストで複製します。】

【質感を設定したら完成です。】

 

宮崎:なるほど。3D形状作成を使えば、いろんなものが作れるんですね。

西脇:そうですね。パーツにない家具や設備機器を作ることもできますよ。
さて、インテリア3D教室は、とりあえず今回で一旦終了です。

宮崎:色々と教えていただき、ありがとうございます。たくさん練習して、3Dプレゼンテーションできるようにがんばります!

西脇:おつかれさまでした。

>目次に戻る

 

ページ上部へ戻る