質問12:上がり框のある玄関を作りたいのですが? ~初心者のためのインテリア3D教室

玄関を作り込む

宮崎:インテリアデザイナーNeoの玄関を立体化すると上がり框ができません。上がり框を自動で作る方法あありますか?

西脇:インテリアデザイナーNeoでは玄関と室内の段差は自動でできますが、玄関の表情を作る上がり框は自動ではできませんね。でも手動で作ることはできます。さっそくやってみましょう。

インテリアデザイナーNeoで玄関を配置して立体化すると、こんな感じの玄関になります。

【3DインテリアデザイナーNeoの初期状態でできあがる玄関】

【3DインテリアデザイナーNeoの初期状態でできあがる玄関】

一見、上がり框ができあがっていますが、アップで見てみると・・・

【廊下の床と上がり框部分が面一になっている。】

【廊下の床と上がり框部分が面一になっている。】

廊下の床材の前にベニヤ板を貼ったような仕上げになっています。
本来ならば、ここに横木を貼ることで、床材の端部を隠し、かつ玄関の表情のアクセントとするのが上がり框と言えます。
上がり框の横木は自動ではできないので、3Dモデリングで作ります。

操作画面を「四面図」にします。

【画面表示を四面図にすれば、上下・左右・前後の位置を掴みやすくなります。】

【画面表示を四面図にすれば、上下・左右・前後の位置を掴みやすくなります。】

形状作成をクリックして、直方体を選びます。

【形状作成ツールの「直方体」を使って横木を作ります。】

【形状作成ツールの「直方体」を使って横木を作ります。】

上面図で上がり框の横木を作りたい位置にマウスカーソルを置き、ドラッグします。

【直方体の形状を置きたい場所でドラッグします。】

【直方体の形状を置きたい場所でドラッグします。】

上がり框付近に、とりあえずの直方体が配置されます。

【とりあえずの直方体が3D空間に置かれました。】

【とりあえずの直方体が3D空間に置かれました。】

プロパティパレットで数値を入れて直方体のサイズを変更します。

【上がり框の横木のサイズを入力して、直方体を整えます。】

【上がり框の横木のサイズを入力して、直方体を整えます。】

四面図で、横木の位置を調整して上がり框の部分に沿わせます。

【3D形状作成機能で板状の3D形状を貼り付けます。】

【3D形状作成機能で板状の3D形状を貼り付けます。】

この3D形状に、木目のテクスチャを貼り付けます。

【上がり框の横木にアクセントとなるテクスチャを貼り付けます。】

【上がり框の横木にアクセントとなるテクスチャを貼り付けます。】

これで上がり框の横木の表現ができました。

宮崎:うーん、上がり框の表現としては概ね間違ってはいないのですが、三和土の位置までの横木はあまりありません。一般的には三和土と同じ素材の立ちが上がりがあって、その上に横木を付けるようにしますね。

西脇:なるほど。では、そのような表現にしてみましょう。先ほどの直方体プロパティパレットで、横木の高さを210mmにして、位置を調整します。

【横木のサイズを調整します。】

【横木のサイズを調整します。】

よりわかりやすいように、三和土の材質を変更して、立ち上がり部分にも同じ材質を貼ってみましょう。

【上がり框の下部に三和土の立ち上がりを付けました。】

【上がり框の下部に三和土の立ち上がりを付けました。】

宮崎:玄関らしくなりました。

西脇:今回はここまでにしておきましょう。

>目次に戻る

 

 

 

ページ上部へ戻る