質問11:スリットの入った袖壁を作りたいのですが? ~初心者のためのインテリア3D教室

教えて西脇さん第11回スリットのある袖壁を作りたい

宮崎:質問6で袖壁の作り方を教わりました。玄関ポーチの袖壁は、スリットを入れたいのですができますか?

西脇:質問6でポーチに作った袖壁は、板状の壁でした。この壁にスリットを入れたいということですね。もちろんできますよ。さっそくやってみましょう。

【質問6で作った袖壁】

質問6で作った袖壁】

1枚の壁に複数の開口を作る機能はありませんので、スリットのある壁を作るときには、長さの短い壁を間隔を開けて並べるという方法で表現します。

一見面倒そうですが、「隣接コピー」という機能を使うことで簡単に作成できます。

まず、質問6の袖壁の幅を150mmに縮めます。

【袖壁の幅を150mmに縮めます。】

【袖壁の幅を150mmに縮めます。】

その縮めた壁を選択すると、そのすぐ下に小さなパレット(「シフトパレット」といいます)が表示されます。

【選択した壁のすぐ下にシフトパレットが現れます。】

【選択した壁のすぐ下にシフトパレットが現れます。】

「数値移動」と書いてあるところをクリックするとプルダウンメニューが現れますので、「隣接コピー」を選択します。
「間隔」と書いてあるところの左の小窓に90mmと入力します。

【100mmとある数値を90mmにします。】

【100mmとある数値を90mmにします。】

これで、選択している150mmの壁を90mmの間隔を空けて複製する準備ができました。
「←X」ボタンをクリックするごとに90mm間隔で150mmの壁が複製されていきます。

【150mmの壁を5個複製しました。】

【150mmの壁を5個複製しました。】

立体化するとこのとおり、スリットの入った壁ができあがり!

【スリットの入った袖壁ができあがっています。】

【スリットの入った袖壁ができあがっています。】

宮崎:本当だ!簡単ですね。隣接コピー、いろいろ応用できそうです!

>目次に戻る

ページ上部へ戻る