質問7:正確な寸法で袖壁を作れますか? ~初心者のためのインテリア3D教室

正確な寸法で袖壁を作りたい

宮崎:前回教わった袖壁ですが、正確な寸法で作成するにはどうしたらよいでしょうか?

西脇:袖壁に限らず、3DインテリアデザイナーNeoでは、建物を正確な寸法で設計できますよ。

まずは前回の袖壁の寸法を設定してみましょう。

 

前回は、「壁削除」機能で壁の一部だけを削除して袖壁を作りました。
その際、マウスで適当にドラッグしたので、本来の寸法を正確には再現していませんでした。
そこで今回は、建物の寸法を正確に作成するための補助線「ガイド線」をつかって、前回の袖壁を正しい寸法に修正してみます。

【袖壁が付いている壁の位置にガイド線を作ります。ガイド線は壁芯の位置に設定されます。】

【袖壁が付いている壁の位置にガイド線を作ります。ガイド線は壁芯の位置に設定されます。】

まず、袖壁の始点となっている壁の位置にマウスポインタを置き、間取り図作成画面の縁のグレーの目盛り部分を右クリックすると、ガイド線が一つ作成されます。
ガイド線は補助線の機能を持っており、グリッドのように吸着させて位置を設定することができます。
一つのガイド線を基準に、寸法を入力してガイド線を複製できるので、任意の位置に吸着させたい時に威力を発揮します。
最初に作ったガイド線の三角マークの上でクリックすると、ガイド線を数値移動・複製するメニューが現れます。

【ガイド線の三角マークの上で右クリックすると、ガイド線の移動・コピーメニューが表示されます。】

【ガイド線の三角マークの上でクリックすると、ガイド線の移動・コピーメニューが表示されます。】

【複製する方向をチェックし、寸法を入力して、「コピー」をクリックします。】

【複製する方向をチェックし、寸法を入力して、「コピー」をクリックします。】

これで、現地調査で採寸した通りの位置にガイド線が引かれます。

前回削除した壁(白いラインになっています)をクリックすると、黄色いハンドルが現れるので、ガイド線の位置までドラッグして袖壁の長さを調整します。

【ガイド線の位置まで黄色いハンドルを操作して袖壁の長さを調整します。】

【ガイド線の位置まで黄色いハンドルを操作して袖壁の長さを調整します。】

「壁削除」で一部の壁を削除する機能は、ガイド線には吸着しないので、操作画面を最大に拡大してガイド線の位置に正確に合わせてください。

 

>目次に戻る

ページ上部へ戻る