平面図で階段の表示の一部を省略したいのですが? ~初心者のためのインテリア3D教室

平面図上で省略した形の階段を描きたい

宮崎:お客様に提示する平面図はCADで描いていますが、3DインテリアデザイナーNeoの平面図を使えれば効率的です。リフォームの場合、1階の平面図だけでよい場合が多いのですが、便宜上階段を描き込んだ時、階段と階段下の部屋の表示がかぶるので、手描き図面のように省略表示させたいのですが、できますか?

西脇:平面図上で見せるだけならば、裏技的な方法で実現できます。ただし、立体化したときに正しい3Dモデルにはなりませんので、提案用平面図専用に別データにして制作してくださいね。

 

3DインテリアデザイナーNeoで、普通に階段を配置すると、こんな感じになります。

【3DインテリアデザイナーNeoで普通に階段を配置すると・・・】

【3DインテリアデザイナーNeoで普通に階段を配置すると・・・】

危険な階段警告表示が出ていたり、階段とトイレが重なっていて、お客様に見せる図面としてはスマートではないですね。

では、階段のプロパティ機能を使って、少しカスタマイズしてみましょう。

階段パーツを選んで右クリックし、「プロパティ」を選ぶと、こんなウインドウが表示されます。

【階段のプロパティで表示をカスタマイズできます。】

【階段のプロパティで表示をカスタマイズできます。】

ここで、いろいろとカスタマイズできるのですが、まずは危険な階段の「警告」チェックを外し、カット表示を「大」にして「OK」してみます。

カット表示と警告なしですっきりした階段

ぐっとすっきりしました。トイレの上に重なる階段の表示も少なくなって、概ね手描き図面のイメージにちかくなりました。

でも、まだトイレの上に階段の表示が重なっています。

これを手描き図面のように、トイレと重なっている部分をすべて省略するのには、ちょっと裏技が必要です。

【こんな風に、トイレが完全に見えるようにしたい。】

【こんな風に、トイレが完全に見えるようにしたい。】

 

それにはまず、階段の幅を縮めてトイレと重ならないように小さくします。

【階段の幅を縮めます。】

【階段の幅を縮めます。】

次に、見た目が違和感ないように、総段数を調整してください。

【プレビューで見え方を確認しながら、総段数を調整します。】

【プレビューで見え方を確認しながら、総段数や踏面の奥行を調整します。】

「OK」で確定した後、間取り図面上でサイズを調整して完成です。

【トイレがすっきりと見える省略階段のできあがりです。】

【トイレがすっきりと見える省略階段のできあがりです。】

間取り図の色を「モノトーン」にして、影の表示を外すと、シンプルな平面図になります。

【間取り図の色をモノトーンにして・・・】

【間取り図の色をモノトーンにして・・・】

【影のチェックをはずすと・・・】

【影のチェックをはずすと・・・】

【モノトーンのすっきりとした提案用平面図のできあがりです。】

【モノトーンのすっきりとした提案用平面図のできあがりです。】

 

>目次に戻る

ページ上部へ戻る