投資の知識と3Dのプロとのコラボで仕事の幅を広げる~インテリアデザイナーみねぎしくみさん~

みねぎしくみさんインタビュー

戸建て住宅マンションリフォームオフィスデザインまで幅広くインテリアを手がけているのが、インテリアデザイナーのみねぎしくみさん。
近年は、それらに加えて賃貸住宅の満室プロデュースにも活躍の場を広げています。

仕事を生み出していく秘訣について、みねぎしくみさんにお話を伺いました。

■商業施設から戸建て住宅まで経験を積む

- 商業施設系のデザイン事務所を経て、ハウスメーカーで住宅の設計・インテリアデザイン、コーディネートの経験を積まれてきたみねぎしさん。現在はLuxe Maison Interiorとして独立し、内装設計を中心に活動されています。
みねぎしさんが独立したきっかけは何だったのでしょうか。

みねぎし:モダンリビングのコンペですね。応募作品が最終選考まで残ったのがきっかけになりました。

【モダンリビングのコンペで「スタイリング・デザイン賞」を獲得した作品】

【モダンリビングのコンペで「スタイリング・デザイン賞」を獲得した作品】

【モダンリビングに作品掲載された時の写真】

【モダンリビングに作品掲載された時の写真】

独立後は戸建て、マンションなどの住宅のインテリアはもちろんのこと、店舗からオフィスまで幅広くお仕事をさせていただいています。
それに加えて、ここ数年は賃貸マンションなどの投資物件のトータルプロデュースのお仕事が増えてきました。

■投資の知識で不動産活用を提案

- 投資物件のお仕事が増えているのは、なにか理由があるのでしょうか?

みねぎし:投資に興味がありまして、マネーリテラシーの大切さを感じて不動産投資のスクールに通いました。
賃貸マンションは、経営ですのでインテリアデザインだけでなく赤字にならないようにすることも重要です。スクールでは、そのあたりのセオリーをきちんと勉強しないとお話ができないことを実感しました。

そして、スクールの受講をきっかけに、土地活用を考えている投資家様からマンションまるごと一棟のプロデュース案件を受注したり、既存のマンションの空室対策リフォームなどをプランする仕事をどんどんいただけるようになりました。
また、「満室経営はデザインから」というテーマで投資家向けセミナーに登壇して、需要の喚起も行っています。

【賃貸経営セミナーに参加いただいた皆様】

【賃貸経営セミナーに参加いただいた皆様】

- 賃貸物件のオーナー様にとって「空室」は死活問題ですからね。みねぎしさんが手がけられた部屋の入居率はいかがですか?
みねぎし:おかげさまで施工したオーナー様からは、「満室になった」という声をいただいています。

【みねぎしさんが手がけた賃貸リフォームの事例】

【みねぎしさんが手がけた賃貸リフォームの事例】

- まさに、「満室請負人」ですね。

■3Dのプロとコラボ、案件によって使い分け

- みねぎしさんは、インテリア提案に3Dデザイナーシリーズをご活用いただいているんですね。

みねぎし:3Dデザイナーシリーズは、もう15年ぐらい前から使っています。新築戸建てはもちろんですが、賃貸住宅のリフォームにも必須のツールですね。インテリアを替えることの効果を実感してもらうには、3Dパースで見せるのが一番です。

- 最近、3Dデザイナーシリーズのユーザー同士でコラボされたという話を伺いましたが?

みねぎし:マンションプロデュースのお仕事で、「ペット共生」をテーマにした物件を手がけています。

【みねぎしさんがインテリアを手がけたペット共生マンション】

【みねぎしさんがインテリアを手がけたペット共生マンション】

その関連でペット共生住宅を手がける企業様のプロモーションムービーを作る仕事をいただきました。ムービー用物件のインテリアデザインは私が設計しましたが、動画を作るスキルは私にはありません。そこで、Facebookグループ「マイホームデザイナー友の会」ですばらしい投稿をされていた根来祐史さんにお声がけして、3Dムービーの部分を作っていただきました。


【根来さんが3DマイホームデザイナーPROで作成したCGムービー】

また、ラグジュアリーなインテリアデザイン・コーディネートのお仕事をお受けした時は、設計からご提案しますので一人ですべての作業をするのは大変です。提案用の3Dパースも物件相応の高級感あふれる仕上げにする必要があったのですが、パースにかける時間がとれなかったんです。そこで、やはり「マイホームデザイナー友の会」で知り合った伏見美穂さんにパース作成をお願いしました。

【伏見美穂さんとコラボして作成したインテリアパース(制作途中の作品です)】

【伏見美穂さんとコラボして作成したインテリアパース(制作途中の作品です)】

同じ3Dデザイナーシリーズのユーザーなので、完成データを私も編集できるので、修正が出たときには自分で対応できるのも同じソフトユーザーのコラボのメリットですね。

- ご自身で普段使いの提案ツールとして活用されているほか、ここ一番という案件では、それに対応できるプロフェッショナルとコラボする。
多数の案件を手がけるみねぎしさんならではの、活用法ですね。
貴重なお話、ありがとうございました。

 

みねぎしくみポートレートみねぎしくみさん
Luxe Maison Interior代表
二級建築士、インテリアコーディネーター
店舗設計事務所、ハウスメーカーでのインテリアデザイン、インテリアコーディネートを経て独立。
戸建て住宅、マンションのリフォーム・リノベーションに携わる。
賃貸物件の「満室インテリア」を提唱し、投資家向けのセミナーも行っている。

ページ上部へ戻る