インテリアデザインで造作家具を考える参考にもなる!:BedeskyとLofty

BedeskyとLofty

ワンルームなどの賃貸住宅向けに、空間を最大限に有効活用できる家具、として出展していたのが、株式会社ロータス。
今回の展示では、ベッドとデスクと収納家具をコンパクトにまとめた「Bedesky(ベデスキー)」と、ロフトのある部屋の空間活用を提案する「Lofty(ロフティ)」の二製品です。
Bedeskyは、デスクとして使う時は、テーブルを引き出してベッドをその下に押し込こみます。
夜、寝る時だけベッドを引き出して使えば、狭い部屋でも空間を有効に使えるという仕掛けです。
ベッドはクッションを併用することで、ソファにも使えるというマルチぶり。

また、Loftyはロフトに掛けるはしごの代わりに、階段状になった家具を置いて、階段下収納のように使えるといもの。
一見、華奢にも見えますが、耐荷重250kgの性能を持っているのでお相撲さんがのぼっても大丈夫だそうです。ロフトの高さによってカスタマイズして制作できるとのこと。

家具のアイデアはいろいろありますね。

株式会社ロータス
http://www.lot-us.co.jp

ページ上部へ戻る