インテリアコーディネーターにオールラウンドな提案力を伝授:「インテリアの教室」」主宰:坂野民枝氏

坂野民枝氏

インテリアコーディネーターとしての30年のキャリアの中で、カーテンやクロス選びから家具のセレクト、キッチンなどの住宅設備のの提案まで、トータルなコーディネート力を身につけてきたという坂野さん。総合的な提案力こそインテリアコーディネーターの本分であると坂野さんは考えていますが、すべての有資格者がその能力を身につけられているわけではないことに、憂慮を感じていました。
そんな坂野さんが、一人でも有能なインテリアコーディネーターを育てたい、と立ち上げたのが「ICプロフェッショナル専科」です。
坂野さんに、「ICプロフェッショナル専科」を立ち上げたきっかけ、そして同講座にかける思いについて伺いました。

インテリアの教室 主宰 坂野民枝氏

インテリアの教室 主宰
坂野民枝氏

― 坂野さんは三井ホームで25年間、インテリアコーディネート業務に携わった後、2015年に独立して「インテリアの教室」を立ち上げられました。インテリアコーディネーターオフィスではなく、「教室」として起業されたのはどういった経緯からでしょうか?

坂野:フリーランスでインテリアコーディネーターをやっている複数の知人から「繁忙期のアシスタントとしてインテリアコーディネーターを探すのだけれど、なかなか即戦力になる人材が見つからない」という話をよく聞かされたことですね。インテリアコーディネーターの資格を持っている方は多いけれど、誰もがトータルな知識を持っているわけではないことに改めて気づかされました。

― 例えばどんなことでしょうか?

坂野:インテリアコーディネーターの資格を持っていても、建材メーカーに勤めている方は自社製品には詳しいけれどカーテンについて相談されても自信を持って答えられないとか、照明メーカーに勤めている方は家具についてはちょっと分からない、と言われる方もいます。さらにトータルコーディネートできるようになりたい、と考えているインテリアコーディネーターさんはたくさんいらっしゃいます。そんな方にスキルを伝授していくのが、30年以上インテリアコーディネーターのキャリアを重ねてきた自分の使命だと考えて、「インテリアの教室」を立ち上げました。

― インテリアコーディネーター養成を謳うスクールはいろいろありますが、「ICプロフェッショナル専科」の特徴は?

坂野:ICプロフェッショナル専科は、インテリアコーディネーターを養成するのではなくて、すでにインテリアコーディネーター資格をお持ちの方に、実践的なスキルを身につけてもらうことを目的にしています。

全過程受講者には修了証が交付される。

全過程受講者には修了証が交付される。

― 有資格者でインテリアの仕事に携わっている方でも、足りないスキルがある、ということですね。

坂野:そうですね。一例ですが、キッチンメーカーのショールームにお勤めの経験豊富なインテリアコーディネーターは、設備としてのキッチンのことならどんなことでも対応できますが、トータルコーディネートスキルを目指すのであればそれだけでは足りません。たとえば「どんなお料理をよく作りますか?」とか「新しいキッチンにしたらどんなことをしたいですか?」と言ったライフスタイルに関わる質問が重要なカギだったりします。
ICプロフェッショナル専科では、そういったコミュニケーションスキルも身につけていただけるようにしています。

テキストには、図版を使った練習問題や、いまさら聞けないインテリアの基礎知識、知っておきたいインテリアの豆知識など、実践的な内容が豊富に盛り込まれている。

― なるほど。ICプロフェッショナル専科は、マルチに対応できるフリーランスインテリアコーディネーターを育成する講座ということですね。この講座、これまで受講されたのはどんな方ですか?

坂野:家具デザイナーの方、一級建築士の方が受講されました。どちらもそれぞれの分野ではベテランの方ですが、日々の仕事の中でインテリアの基礎的な知識が足りないと感じる場面に出会って、基礎から学びたいということで参加いただきました。

 

― その道ではベテランだけれども、改めてインテリアを基礎から勉強したい、という方にお勧めということですね。本年度の講座は10月スタート。ご興味のある方は、下記からお問い合わせください。
本日は、ありがとうございました。

 

ICプロフェッショナル専科は愛知県名古屋市にて10月3日から開講します。
ご興味のある方は、こちらのページをご覧ください。
インテリアの教室 ICプロフェッショナル専科開講のお知らせ
http://iclesson.com/information

ページ上部へ戻る