名古屋のインテリアデザインオフィス「Imaeda Design」が新ショールームを完成

Imaeda Design新オフィス

名古屋のインテリアデザインオフィス「株式会社Imaeda Design」が、昨年末に新ショールームを完成して移転されましたので、訪問してきました。
写真は、ファーストクラスの機内をイメージしたミーティングエリアで3DマイホームデザイナーPROによるプラン提案を実演する今枝茂樹社長。

(株)Imaeda Designは、住宅や飲食店やオフィス、商業施設のリフォーム・リノベーションを手がけるデザイン会社で、インテリア提案・設計・施工までトータルでサポートしています。
従来から、完成イメージを表現した体感型ショールーム、3DマイホームデザイナーPROを駆使した完成予想パース、メガソフトVRソリューションによる施工後の空間体験など、多角的な見せ方で、多くのクライアントを獲得してきましたが、今回の新ショールームでさらにそのプレゼンテーションは進化しました。

【壁面には、ビフォー→3DCG→アフターのイメージをまとめた施工事例が多数掲示されている。】

【壁面に掲示されている、ビフォー→3DCG→アフターのイメージをまとめたわかりやすい施工事例。】

【これまで手がけてきた膨大な施工事例が、壁面に多数掲示されている。】

【これまで手がけてきた膨大な施工事例が、壁面に多数掲示されている。】

新しいショールームのコンセプトは”エアライン”。
クライアントが要望するインテリアを、クルーがしっかりとサポートし、機長がゴールに向けて安全・快適に導く、という考えと併せて、旅するように世界のインテリアを見て回れるというスタイルで設計されています。
クライアントが、これから作っていくインテリア空間に向けて、ワクワクとした気持ちを盛り上げていけるショールームというわけです。

【エントランスには空港のフライトスケジュール案内をイメージしたクライアント来店予定表が掲示されている。】

【エントランスには空港のフライトスケジュール案内をイメージしたクライアント来店予定表が掲示されている。】

 

【クライアントは、搭乗ゲートをイメージした通路を通ることで、インテリアプレゼンテーションへの期待が高まる。】

【クライアントは、搭乗ゲートをイメージした通路を通ることで、インテリアプレゼンテーションへの期待が高まる。】

インテリアテイストの見せ方はいろんな手法がありますが、アメリカ風、イタリア風、フランス風という国別イメージで提案するというのも、クライアントにとってわかりやすいやり方です。

【左上から時計回りに、ハワイテイスト、イタリアテイスト、フランステイスト、アメリカテイスト】

【左上から時計回りに、ハワイテイスト、イタリアテイスト、フランステイスト、アメリカテイスト】

インテリアショップの作り方にも参考になるImaeda Designの新オフィス。
一見の価値ありです。

株式会社Imaeda Design
http://www.imaeda-design.com/

ページ上部へ戻る