インテリア照明の最新事例紹介!照明にお悩みの際は大光電機・吹抜けキャンディーズへ:富和聖代さん編

閑静な住宅街に佇む“体験型”モデルハウス

大光電機の吹き抜け照明伝道師「吹抜けキャンディーズ」がお届けするインテリア照明ノウハウシリーズ、最終章。

古川氏につづいて私、富和が紹介する現場は、閑静な住宅街に佇む“体験型”モデルハウスです。
柔らかい間接照明の光とメリハリの効いた光(スポットライト・グレアレスダウンライト)や意匠器具で適度な陰影を付け、グレーを基調としたモダンなインテリアを品良く引き立てることを意識しました。

【“体験型”モデルハウスのLDK】

【“体験型”モデルハウスのLDK】

リビングにはコーニス照明を取り入れ、柔らかい間接光でくつろげる空間にしました。こだわりの外部仕上げのサンルームにもリビングと連続してコーニス照明を入れることで景色を繋ぎ、夜でもLDKに居ながら外の空気を感じられる計画としています。

★吹き抜けキャンディーズによるくつろぎのリビングの照明ノウハウはこちら
https://success-interior.jp/daiko_lighting_knowhow03/

【照明を全灯にしたリビング】

【照明を全灯にしたリビング】

また、リビング・サンルーム・ダイニングにはシーンコントローラーを採用しているので、シチュエーションに合わせてワンタッチで光の切り替えが可能です。例えばこちらですと、シアターのあかりに切り替えできるよう設定しています。

【光をワンタッチで切り替えるシーンコントローラー】

【光をワンタッチで切り替えるシーンコントローラー】

 

【テレビまわりの照明を瞬時に切り替えてホームシアターを演出。】

【テレビまわりの照明を瞬時に切り替えてホームシアターを演出。】

テレビ回りにほのかな明るさを残しつつ、グレアレスダウンライトで眩しさを抑えながら手元の明るさを確保しています。シーンコントローラーはスマートスピーカーと連動させることもできるので、この1年半で採用頂く機会が急増しています!

続いてダイニングの吹抜け。こちらはシンボリックなシャンデリアと間接照明、スポットライトで計画しています。吹抜けの計画の基本は、上空の「明るさ感」と手元の「地明かり」を組み合わせること。今回はシャンデリアと間接照明で「明るさ感」、スポットライトで「地明かり」を確保し、心地よい吹抜け空間を作りました。

★吹き抜けキャンディーズによる吹き抜け照明のポイント・ノウハウはこちら
https://success-interior.jp/daiko_lighting_knowhow04/

【吹き抜けのシャンデリアとスポット照明】

【吹き抜けのシャンデリアとスポット照明】

 

【吹き抜けの間接照明】

【吹き抜けの間接照明】

照明を学ぶには、実際の光の空間を見ることが一番の勉強になります。私たちのノウハウを参考にして頂きながら、ぜひショールームにもお越しください。私自身もより美しい照明計画を提案できるよう、日々精進致します!

■今回ご紹介した体験型モデルハウス

株式会社タイコーアーキテクト
モデルハウス「Room」( https://taiko-architect.com/

 

第1回:「LDKに最適な明るさとは?」
第2回:「ダイニングキッチンでの照明計画のポイントとは?」
第3回:「くつろぎのリビングを作るには?」
第4回:「吹抜けのあるLDKを照明計画するときのポイントは?」
第5回:「吹抜けのあるLDK~傾斜天井の考え方とは?」
第6回:「玄関をステキに見せるアイデア」
第7回:「癒しの寝室をつくるには?!」
第8回:「階段の照明計画のポイントとは?」
第9回:「洗面室とトイレに適した照明計画とは?」
第10回:「庭の魅力を照明で引き出す! 内と外を繋ぐ庭の光の作り方」
第11回:「ホテルライクな空間にしたい照明の考え方とは?」
第12回:「インテリア照明の最新事例紹介!:古川愛子さん編」

ページ上部へ戻る