インテリアの仕事に役立つ照明ノウハウ~「ダイニングキッチンでの照明計画のポイントとは?」~

大光電機照明ノウハウ第二回

ダイニングキッチン照明の考え方と配灯ノウハウ

インテリア照明の実践的なノウハウをわかりやすく解説する特集「インテリアの仕事に役立つ照明ノウハウ」、第二回はダイニングキッチンの照明計画。
講師を務めていただくのは、LED照明のリーディングカンパニー、大光電機株式会社のTACT住宅チームの田中幸枝さん。
田中さんは吹き抜け照明の伝道師チーム「吹き抜けキャンディーズ」のメンバーのお一人です。

吹き抜けキャンディーズのメンバー、古川愛子さん、富和聖代さんのインタビュー記事、下記もぜひご覧ください。

インテリア照明のチカラを実感できます:大光電機 ライティングコア東京(古川愛子さん)
インテリアを美しくする照明のポイントを体感できる:大光電機 ライティングコア大阪(富和聖代さん)


こんにちは!大光電機 TACT住宅チーム「吹抜けキャンディーズ」の田中です。私たち吹抜けキャンディーズが12回にわたって、照明を検討する上で「こんな時はどうするの?」と悩んでしまう疑問点についてアドバイスをさせていただいています。

さて今回は、こんな質問をいただきました。

「キッチンの配灯、これで良いのでしょうか?」

キッチンでよく見かける配灯に、通路用と手元用ダウンライト。平面図上では整ったように見えても、空間でみるとたくさんのダウンライトが散らばった印象に、、、

たくさんのダウンライトが散らばった印象に

そこで、キッチンはこう整理しましょう!

■中心へ集めて整理する(白熱灯60W相当LEDダウンライト4灯使用)(左)
■W数を上げて台数を減らす(白熱灯100W相当LEDダウンライト3灯使用)(右)

ウンライトはシンク上で整理するのがおススメです
ダウンライトはシンク上で整理するのがおススメです!なぜなら、実際の作業で明るいのは分散配灯(左)よりも集中配灯(右)なのです!

実際の作業で明るいのは分散配灯(左)よりも集中配灯(右)

吊り戸下の明るさも全然違います!

吊り戸下の明るさも全然違います
さらに、手元の影の出方も違うのです。【分散配灯(左)・集中配灯(右)】

手元の影の出方も違うのです。【分散配灯(左)・集中配灯(右)】
続いてのポイントは、「間接照明で天井さらにスッキリ~」
キッチンとダイニングが連続するオープンタイプのキッチンでは、どうしても照明器具だらけになりがちです。間接照明を利用して壁や天井の器具を整理整頓しましょう。お気に入りのペンダントも空間の中でいっそう映えますよ。

間接照明で天井さらにスッキリ

そしてさらに、間接照明の光はダウンライトからの直接光と違い、天井や壁から反射してくる光なので、手の影が出にくくなります。

間接照明の光はダウンライトからの直接光と違い、天井や壁から反射してくる光なので、手の影が出にくくなります。

さて、前回もふれていた「色温度」、今回はキッチンでの色温度について考えてみたいと思います。
光源の色温度が変わると空間のイメージや明るさ感は大きく変化します。また、室内にあるインテリアの色の見え方も変わります。

光源の色温度が変わると空間のイメージや明るさ感は大きく変化します

ここで要チェック!色温度の差が大きい「電球色×昼白色」に注意しましょう。

色温度の差が大きい「電球色×昼白色」に注意
雰囲気の良い空間で食卓を囲みたい=電球色、作業性をアップさせたい=昼白色、、、
そんな皆さんの悩みを解決するのが
3つの色温度にカンタン切替え、よくばりダウンライト!
気分やシチュエーションに合わせて、2700K、3500K、5000Kに切替えが可能。ひとつの器具で調光はもちろん、3つの色温度を楽しめるよくばりなダウンライトです。

3つの色温度にカンタン切替え、よくばりダウンライト!
■ダイニングのポイント「ペンダントライト」

さてもう一つ、ダイニングテーブルには、ある程度の明るさを確保することが一つのポイントです。(ダイニングテーブルの推奨照度は200~500ルクスとされており、高齢者の場合には、500~1000ルクスの照度が必要といわれています。*JIS Z9110 照明基準【住宅】より)

一般的なダウンライトの照度

そこで、まずはテーブルの大きさや形に合った器具選びをしましょう。テーブルの形状に合ったペンダントやライティングを考えることも大切なポイントです。

「大型ペンダントでシンプルなライティング」

大型ペンダント1灯でテーブルトップを照らすベーシックなライティングです。

大型ペンダントでシンプルなライティング

「テーブルの形状に合わせたペンダント」

横長のテーブルには、ライン状ワイドタイプのペンダントがおすすめです。シャープなテーブルトップに仕上がります。

テーブルの形状に合わせたペンダント

「小型ペンダントの3灯使いでリズム感をつける」

小型ペンダントを多灯使いすることで、空間全体にリズムと明るさ感が生まれます。

小型ペンダントの3灯使いでリズム感をつける

さて、みなさんの質問に多いのが、
ペンダントライトの吊り高さって?
ここではペンダントを使った配灯のポイントをご紹介しますね。

ダイニングテーブルの推奨照度は200~500ルクスが一般的ですが、適切な照度でも光源や器具が視界に入ると眩しさを感じたり、圧迫感を与えてしまいます。アイレベルを考慮し、適切な吊り高さを心がけましょう。

ダイニングテーブルの推奨照度

「大型ペンダント」

器具自体が大きいため、吊り高さには注意が必要です。光源が直接見えず、圧迫感を与えない高さがおすすめです。(おすすめ吊り高さ:机上面800~900mm 目線より300~400mmの高さ)

大型ペンダントの高さ

「小型ペンダント(透過タイプ)」

高く吊りすぎるとテーブル面の照度が確保できません。視界を遮らない適度な高さがおすすめです。(おすすめ吊り高さ:机上7000~800mm 目線より200~300mmの高さ)

小型ペンダント(透過タイプ)の高さ

「小型ペンダント(不透過タイプ)」

光源が直接見えない高さまたは、視界から外れる高さがおすすめです。開口部分のグレアには注意が必要です。(おすすめ吊り高さ:机上面600~1000mm 目線より100~200mmの高さ)

小型ペンダント(不透過タイプ)の高さ

■プラスαの光「ときめき」シリーズ

そして最後にご紹介したいのが、「色を鮮やかに活かす[光]ーときめきシリーズー」
(「ときめき」シリーズは、光の波長をコントロールする技術を追求し、すべての波長を持つ太陽光と同等の表現力を再現しています。この高い演色性・彩度を持つ「ときめき」の光で素材本来の色と質感、透明感などの表現を可能にしました)

色を鮮やかに活かす[光]ーときめきシリーズー

食にときめく!お肉は色鮮やかでサラダは新鮮でイキイキ、見るだけで思わず食欲も湧いてくる。「ときめき」シリーズのペンダントは「美味しい!」を引き立てる最高のスパイスです。ペンダント以外にもダウンライトやブラケットなどラインナップも充実しています。ぜひみなさんの配灯計画にプラスαしていただいて、ご賞味下さい!

今回もたくさんのポイントをご紹介させていただきました。でもやっぱり実際の光を体感したいという方は、是非一度当社のシミュレーションルームにお越しいただき(※要予約 お申し込みなどは大光電機のホームページをご覧ください。)実際の空間の中で 明るさを感じて頂いて 今後の目安にしていただければと思います。
お待ちしております。

次回は、「くつろぎのリビングを作るには?」について解説いたします!
お楽しみに~!

インテリアの仕事に役立つ照明ノウハウ 連載目次
第1回:「LDKに最適な明るさとは?」
第2回:「ダイニングキッチンでの照明計画のポイントとは?」(このページです)
第3回:、「くつろぎのリビングを作るには?」(近日公開)

インテリア&建築プレゼンテーションノウハウのすべて

 

ページ上部へ戻る