腕前は3DCGで幅広くアピール ネットだけで起業してテレビでも活躍する女性建築士

しかまのりこさんの3Dパース

一級建築士の目線でアドバイスする間取り相談と女性目線で提案する模様替え相談で人気が急上昇しているのが、COLLINO一級建築士事務所のしかまのりこさん。
2015年の起業から現在まで、広告宣伝は一切なし。集客はすべてインターネットから行っている、というしかまさんに、人気の秘密を伺いました。

- COLLINO一級建築士事務所のホームページを拝見してまず驚いたのは、建築士事務所なのに建築設計業務をされていないということでした。

【COLLINO一級建築士事務所のサービスは「間取り相談」と「家具配置/模様替え相談」のふたつだけ。】

【COLLINO一級建築士事務所のサービスは「間取り相談」と「家具配置/模様替え相談」のふたつだけ。】

しかま:私はゼネコンの設計部から確認検査会社を経て、子育てのために主婦業に専念した後、COLLINO一級建築士事務所を起業しました。ゼネコンでは戸建て住宅やマンションの設計をしていましたが、主婦業を通じて感じたのが、入れ物(住宅)だけで暮らしは豊かにならないんだ、ということなんです。なので、COLLINO一級建築士事務所は「暮らし」をサポートする設計事務所にしようと思いました。

- それが「間取り相談」であり「模様替え相談」というわけですね。

しかま:はい。間取り相談は、お客様がハウスメーカーや工務店でプランニング中の住宅について、「これで本当に大丈夫だろうか」と疑問を持ったとき、セカンドオピニオンとしてアドバイスするサービスです。設計業務や確認検査業務を通じて5000件を超える住宅を見てきた一級建築士の目線で、お客様の疑問点を解消できるようにチェックするお仕事です。模様替え相談は、お部屋がなかなか片付かないとか、家事がなんだかはかどらないとか、新居に引っ越しするのを機に理想の暮らし方をしたいけれどどんな家具を選んだら良いかわからない、といった暮らしの悩みを解決するための提案を、女性建築士の目線で行うサービスです。

- どちらのサービスも大好評だそうですね。

しかま:おかげさまで間取り相談のほうはお申し込みいただいても数ヶ月お待たせしている状況です。模様替え相談もどんどん増えていて、こちらも少しお待ちいただいていおります。

【人気上昇中の模様替え提案サービスの一例:(↑)リビングにお子様の勉強コーナーを作りたいというお母様への模様替え提案 (下)テレビ東京の企画で男性芸人麩たたり暮らしの模様替えを提案】

【人気上昇中の模様替え提案サービスの一例:(↑)リビングにお子様の勉強コーナーを作りたいというお母様への模様替え提案 (下)テレビ東京の企画で男性芸人麩たたり暮らしの模様替えを提案】

- COLLINO一級建築士事務所企業当初から、盛況だったのでしょうか。

しかま:いえいえ。まずホームページを立ち上げたのですが、当然ながらそれだけではまったく反応がありませんでした。なので時間がたっぷりありましたので、自己PRを兼ねてWebマガジンで記事を書き始めました

- そのお仕事はどうやって見つけられたのですか。

しかま:インターネット検索で、住宅やインテリア系のWeb媒体を探したんです。それで見つけたのが「日刊Sumai」の記者募集でした。ここで「女性一級建築士目線」をテーマにした記事を書きまくりました。多いときは一週間に1記事のペースで書いていたこともありました。そのおかげか「間取り相談」で検索するとCOLLINO一級建築士事務所のホームページが上位表示されるようになりました。それが2017年頃ですね。そこから間取り相談、模様替え相談のお申し込みをいただけるようになって、今に続いています。

【「日刊住まい」でしかまさんが執筆した記事の一例】

【「日刊住まい」でしかまさんが執筆した記事の一例 ~「日刊住まい」より】

- 「ZIP!」「日曜ビッグバラエティ」「ヒルナンデス」などのテレビ出演もされていらっしゃいますね。

しかま:それも日刊Sumaiの記事がきっかけですね。記事を読まれたテレビ局の方から出演の依頼があったんです。

- 集客の起爆剤はWebマガジンの記事だったんですね。記事執筆で工夫されたことは?

しかま:間取り相談や模様替え相談では、3DマイホームデザイナーPROで提案パースを作っているのですが、この3Dパースを使った記事も投稿しています。記事中には住宅関連の写真を掲載する必要がありますが、プライバシーの問題がありますので、使用権フリーの写真素材を使わざるを得ません。でもそれだとリアリティオリジナリティもでませんし、記事の内容に完全にマッチする写真はなかなかありません。その点、3DCGなら記事の内容に沿った画像を作れますので、より有益な記事が作れます。それにたくさん並んだ記事一覧のイメージ写真の中で、3Dパースは目立ちますし。

【「日刊住まい」の記事でも3DCGを効果的に活用している。 ~「日刊住まい」より】

【「日刊住まい」の記事でも3DCGを効果的に活用している。 ~「日刊住まい」より】

- COLLINO一級建築士事務所のホームページにもたくさんの3Dパースが掲載されていますね。

しかま:はい。あの3Dパースは、すべて実際の仕事で提案させていただいたものを実例として掲載しています。お客様の家の写真をWebに掲載するのはなかなか許可をいただけないのですが、私自身が作成した3Dパースであれば、掲載に難色をしめされることはほぼありません。自分の業務実績をアピールするのにも3Dパースはとても重宝しています。

【Colino一級建築士事務所のホームページにも多数の事例が3Dパースで掲載されている。】

【COLLINO一級建築士事務所のホームページにも多数の事例が3Dパースで掲載されている。】

- ところで、このたくさんの模様替え相談が書籍化されると伺いました。出版されることになった経緯を教えていただけますか。

しかま:実例が十分にそろってきましたので、本にしたいな、と思いまして出版社に企画を持ち込んだんです。

- 新人まんが家さんみたいですね!出版社を回られたんでしょうか。

しかま:いえ、インターネットで企画にマッチしそうな出版社を探して、メールやお問い合わせフォームで企画提案しました。

- ここでもインターネットを使われたのですね。集客、テレビ出演、そして出版、すべてインターネットで、とはまさに新時代のスタイルですね。

しかま:出版する方法をよく知らなかったというのもあるのですが。何十社にも企画を送った中で、一社、興味を持っていただいて、今回、出版できることになりました。

- いつ頃、発売の予定ですか。

しかま:いま鋭意執筆中ですが、秋頃には出版できると思います。

- 発売されたら、ぜひサクセス!インテリアでも紹介させてください。本日はありがとうございました。

 

しかまのりこ氏COLLINO一級建築士事務所 http://collino-home.com/
代表:しかまのりこ氏
日本女子大学住居学科卒業後、ゼネコン、確認検査機関を経て独立。
延べ5000件以上にのぼる設計・検査・審査の経験から、本当に暮らしやすい間取り提案、リフォーム提案、模様替え提案を行っている。

 

ページ上部へ戻る