全く新しいインテリアショールーム「ココフェス」が名古屋に誕生

インテリアスタジオ ココフェス

これまでにないインテリアショールームが、インテリアのチカラで暮らしを豊かにする。
そんなコンセプトのインテリアスタジオ「ココフェス」が、2月9日土曜日、名古屋市熱田区に誕生します。

ショールーム全体をプロデュースするのは、サクセス!インテリアでもお馴染みのインテリアコーディネーター松本佳津さん。

オープンに先立ち、2月2日のプレス発表会が実施されたので、サクセス!インテリア編集部も参加してきました。

インテリアスタジオ ココフェス プレス発表会

このココフェスが「全く新しい」と標榜する特徴は大きく3つ。

一つは、最新の家具・照明器具が展示されるショールームでありながら、その全てがその場で購入できること。
通常、メーカーのショールームでは、製品の体験はできますが、欲しいと思っても「ご購入は販売店で」となり、盛り上がった気分がしぼみます。
ココフェスは、さまざまなインテリアメーカーが出展するショールームでありながら、全ての製品がその場で購入できるのが特徴です。

二つ目は、出展するメーカーのそれぞれの垣根を超えた展示を体験できるディスプレイスペース。

【ディスプレイスペースについて開設する松本佳津さん】

【ディスプレイスペースについて解説する松本佳津さん】

ショールームのフォーカルポイントとなる入り口に、松本佳津さんがインテリアを手がけた4つの部屋があります。
この部屋は、出展メーカーの製品が各社の垣根を超えたコーディネートで展示されるライフスタイル提案型のスペース。

【エントランス正面にはインパクトのあるインテリアのリビングルームが提案されている】

【エントランス正面にはインパクトのあるインテリアのリビングルームが提案されている】

リビング、ダイニング、ベッドルーム、そして書斎と、部屋ごとにテイストが違うインテリアが設定されていて、眺めているだけでワクワクしてくる空間です。

【遊び心あふれるインテリアのダイニングルームに興味津々のプレス発表会参加者】

【遊び心あふれるインテリアのダイニングルームに興味津々のプレス発表会参加者】

そして、このディスプレイスペースに設置されてある製品もすべて購入できるのです。家具や照明器具だけではなく、インテリアのアクセントにもなっている小物や雑貨まで購入可能というのは、消費者にとってうれしい販売スタイルです。

【シェードが黒板になっていて自由に書き込める、こんなユニークな照明も、商品として購入できる】

【シェードが黒板になっていて自由に書き込める、こんなユニークな照明も、商品として購入できる】

三つ目は、ココフェスのスタッフが取得しているという「100歳住宅®️アテンダント」資格。
100歳住宅は松本佳津さんが提唱する「100歳まで元気に過ごせる住まいとインテリア」のことです。ただバリアフリーであれば高齢者が幸せに暮らせるわけではありません。イキイキと幸せに過ごせる住宅をインテリアの面から提案する100歳住宅の考え方を習得したスタッフが、100歳まで幸せでいられる家をアドバイスしてくれます。

【ココフェスの売り場面積は1000坪。ゆったりとした空間でインテリアを堪能できる。】

【ココフェスの売り場面積は1000坪。ゆったりとした空間でインテリアを堪能できる。】

そして、こんな楽しくてステキなインテリアを、顧客それぞれの住宅に合わせて提案するために、最新のコンピュータ3Dシミュレーションコーナーも常設されています。

【3Dシミュレーション提案コーナー。ソフトウェアは3DインテリアデザイナーNeo3】

【3Dシミュレーション提案コーナー。ソフトウェアは3DインテリアデザイナーNeo3】

顧客の目の前でサクサク操作できるのが特徴の3DインテリアデザイナーNeoを使って、顧客の暮らす部屋に最適な家具、照明器具を視覚的に提案してくれます。

さらに注目すべきは、ディスプレイスペースの今後の活用法。
この場所を使って、今後、複数のインテリアコーディネーターがそれぞれのコーディネートで競演したり、愛知県下の大学インテリア科同士が学習の成果を発表しあったりといった、様々なイベントの企画アイディアが出ているそうです。

インテリアスタジオ ココフェスは、愛知県のインテリアの情報発信地として注目のスポットとなりそうです。

インテリアスタジオ ココフェス
愛知県名古屋市熱田区大宝2ー4ー22
コジマ×ビックカメラ熱田店2F
https://cocofes.com

ページ上部へ戻る