活躍の原動力は「伝え続けること」:インテリアコーディネーター荒井詩万さんインタビュー

インテリアコーディネーター荒井詩万さん

インテリアコーディネーター荒井詩万の原点、そして活躍へのプロセス

インテリアコーディネーターとして、施工の現場はもとより、セミナー講師、メーカーの商品企画、イベント空間プロデュース、執筆活動、さらにテレビ出演など八面六臂の活躍をしているのが荒井詩万さん(CHIC INTERIOR PLANNING主宰)。その仕事ぶりから、各業界に幅広い人脈を構築されているのだろうと想像しがちですが、公開されているプロフィールには、設計事務所の秘書からすぐにフリーランスのインテリアコーディネーターとして活動開始となっています。荒井詩万さんのインテリアコーディネーターとしての原点から、現在の活躍につながっていくプロセスについてお話を伺いました。

― プロフィールによると「日本女子大学家政学部卒」となっていますので、大学で住居学を学ばれたということですね。

荒井詩万さん(以下、敬称略):いえ、被服学科なんです。もともとインテリアは好きでしたが、「住居学は理数系でないと」ということで自分には無理だなと(笑)
でも、同じ家政学部で意匠学の講義を受けてデザインの面白さの一端に触れたこともあり、ご縁もあって建築設計事務所に就職しました。ただし、事務職の秘書としてですが。

― 最初の就職は事務系だったんですね。そこからインテリアコーディネーターに転進されたきっかけは何だったのでしょうか?

荒井詩万:仕事は秘書業務だったのですが、設計部門の仕事を目の当たりにしているうちに「やっぱりインテリアや建築の仕事っておもしろいな」と感じたんです。秘書の仕事もおもしろかったのですが、ずっと仕事を続けていきたいと思うようになり、何かないかと考えるようになりました。そんな時期に、当時の勤め先近くにあっていつも目にしていて気なっていた「町田ひろ子インテリアコーディネーターアカデミー」で体験受講して、インテリアコーディネーターって楽しそう!と思い夜間の部に入学したんです。

― 公開されているプロフィールでは、町田ひろ子インテリアコーディネーターアカデミー卒業後、フリーのインテリアコーディネーターとして「CHIC INTERIOR PLANNING」主宰とあります。アカデミー卒業生の進路としては、住宅メーカーや住設メーカーなどの企業にまず就職してというのが一般的だと思うのですが。

インタビューに応える荒井詩万さん

荒井詩万:はい、私もすぐに転職を、と考えたのですが、勤め先ですでに中堅社員となっていたこともあり、引きとめられたので、秘書の仕事をしばらくは続けながら、やれることをやってみようということになったんです。それで、スクールのクラスメイトとポストカードでダイレクトメールを作り友人・知人・親戚など200名ぐらいに、インテリアを学びお役に立てると思うので何かありましたらお声掛けください!とPRしました。今から考えるとすごいですね(笑)
すると「新居の家具の相談がしたい」「こんなカーテンが欲しいのだけど」と友人たちから声掛けがあり、そこから少しずつインテリアコーディネートの仕事をスタートさせていったんです。

― 最初は小さな一歩からだったんですね。そこから現在のご活躍に至る転機のようなことはあったんでしょうか。

荒井詩万:大きな転機は二つですね。一つは建築士の夫と結婚をして、新居を二人でプランニングしたこと。現場に通って学び、デザインしたものが形になるおもしろさを体験したことと、「第45回神奈川建築コンクール」で優秀賞を受賞したことが大きな自信につながりました。もう一つは自分のホームページを作ったことです。荒井詩万はこんなことができて、こんな人なんだというアピールをホームページやブログに投稿していきました。それまでインテリアコーディネートの仕事は知人や友人からの依頼だけだったのが、このホームページで初めて「一見」の方から依頼をいただけたんです。おかげさまで今では仕事の8割がホームページやブログからのお客様になっています。

【第45回神奈川建築コンクールで優秀賞を受賞した自宅のリビング】

【第45回神奈川建築コンクールで優秀賞を受賞した自宅のリビング】

― 荒井詩万さんはブログやSNSにほぼ毎日のように様々な記事を投稿されています。それがインテリアコーディネートを依頼される方への大きなアピールになっているわけですが、ブログを続けられないという人はたくさんいます。長く続けるコツなどはありますか?

【荒井さんのブログ記事の一例】

【荒井さんのブログ記事の一例】

荒井詩万:フリーランスでやっていますので、自分から情報を発信し続けないと仕事はきません。インテリアコーディネートのご依頼をいただくためにも、仕事の幅を広げていくためにも、ブログやSNSでの発信は重要です。続けるためのコツというものは特にありませんが、何を伝えたいのかを簡潔にまとめて文が長くならないようにするのと、あまり気負いすぎずに楽しく書くのを心掛けています。そして“継続は力なり”、黙々と続けていくことだと思います。

― 記事を書くための秘密兵器のようなものはありますか?

荒井詩万:特別なツールは使っていません。完成事例紹介やコラムのようなボリュームのある記事はパソコンで、現場やショールームを訪問中のレポートなどはスマートフォンで、とごく普通ですね。パソコンも持ち歩くことはしていなくて、自宅で机に向かって書いています。

【荒井詩万さんのコラムやブログはここから生まれる。】

【荒井詩万さんのコラムやブログはここから生まれる。】

― それならやる気さえあれば誰でもできそうですね。ただ、施工事例写真がとてもきれいです。これはカメラマンに撮ってもらっているんですか?

荒井詩万:写真はすべて自分で撮っています。ホームページやブログにクオリティの高い事例写真をアップすることはとても重要なので、ここは特にスキルアップを心掛けています。
プロのカメラマンに頼むほうがよいのですが費用もかかりますので、日々試行錯誤しながら自分で撮影しています。

【荒井さんが撮影した完成事例写真の一例。】

【荒井さんが撮影した完成事例写真の一例。】

― どのように勉強されたのでしょうか?

荒井詩万:まず、カメラはデジタル一眼レフ、そして三脚を使っています。昔はコンパクトデジタルカメラを使っていましたが、やっぱりデジタル一眼レフはちがいます。撮影技術はプロのカメラマンに教わりました。といっても教室に通ったわけではなくて、現場での独学なんです。イベント展示や雑誌スタイリングの仕事などではプロカメラマンが撮影するので、それを見て使っているレンズや撮影している構図を参考にさせていただいています。思うような色みや明るさにならない時はカメラマンさんに聞いて教えてもらったりしながら、だんだんうまく撮れるようになっていきました。

【荒井詩万さんの撮影機材。デジタル一眼レフを三脚にしっかりと据えている。】

【荒井詩万さんの撮影機材。デジタル一眼レフを三脚にしっかりと据えている。】

― 最後に、テレビや雑誌などたくさんのメディアに登場されている、その秘訣みたいなものがあれば。

荒井詩万:うーん、なんでしょう?業界にコネがあるわけでもないですし。以前は町田ひろ子インテリアコーディネーターアカデミーに打診があって、お声掛けいただいたという場合もありますが、現在はやはりホームページやブログを見て直接出演依頼をいただいています。多くの番組で依頼をいただいていますが、前に出演したコネでということはほとんどありません。あえて言うなら、秘訣というほどのことではないんですが、メディア出演の事例をわかりやすくホームページに掲載していることでしょうか。メディア出演経験や内容がひと目でわかれば「この人はしゃべれる人だな」「文章が書ける人なんだ」というふうに思ってもらえます。

【荒井さんのホームページにはメディア出演の一覧がページが用意されている。】

【荒井さんのホームページにはメディア出演の一覧がページが用意されている。】

あとは、ブログランキングに参加していることでしょうか。メディアの方は「ブログランキングを見て連絡しました」という方が多いので、ランキング上位に入ればチャンスが広がると思います。

― 本日は、貴重なお話をお聞かせいただきありがとうございました。

荒井詩万さんのホームページ CHIC INTERIOR PLANNING
http://chic-interior.net/

ページ上部へ戻る