建物別インテリアプレゼン資料のポイント「リフォーム編」:荒井詩万のインテリアプレゼン術【第六回】

【リフォーム後のイメージを提案する手描きパース】

皆さん、こんにちは!
インテリアコーディネーター荒井詩万です。
「荒井詩万のプレゼン術」、今回は「リフォーム編」です。

■リフォーム物件のプランニング

戸建住宅やマンションのインテリアコーディネートとプレゼン内容はあまり変わりません。
ただ、新築と異なるのは「現状の不満点」をどうクリアするかが求められることです。
表層的に美しくするだけでなく、お客様が何に悩みどんな問題があるのかを一歩踏み込んでベストな空間を提案することが必要だと思います。

【Before】

【東京都N様邸ビフォー】

【東京都N様邸】

築17年の戸建住宅、部屋の中央にある中途半端な柱をどうするかが一番の課題でした。

コンセプトは「ホガラカラフル」。
ご家族が同じ空間にいながら場所により様々な雰囲気を楽しめるカラフルで遊び心のある空間を提案。

【N邸リフォーム提案に使用した各種プレゼン資料】

【N邸リフォーム提案に使用した各種プレゼン資料】

【工事中】

N邸工事中の様子1

N邸工事中の様子2

【After】

【空間的に浮いていた柱を、造作した壁と一体化してなじませました】

【空間的に浮いていた柱を、造作した壁と一体化してなじませました】

ぽつんと立っていた柱を新規壁をつくることで空間に溶け込ませました
今までは全てが見渡せてしまいましたが、リビング側はディスプレイスペース、ダイニング側はキッチン家電を置いて入口からは見えないようになりメリハリがつきました。

【三色の壁でカラフルなリビングに。】

【三色の壁でカラフルなリビングに。】

壁は3色に貼り分け、カラフルで遊び心のあるLDルームに。

【Before】

【東京都K様邸ビフォー】

【東京都K様邸】

築8年のマンション、右のクローズキッチンからLDルームにいるお子様達の様子が見れないのがお悩みでした。

コンセプトは「本棚のあるレイドバッグ空間」。
お忙しい毎日を過ごされているご夫婦のお話で印象に残ったのが、お子様達に絵本の読み聞かせをする時間をとても大切にされていて、ご家族の中心に‟本‟があること。
そこでLDルームに本棚をつくり、ご家族が本を通して触れあう時間をのんびりと楽しめる空間を提案。

【K様邸リフォーム提案に使用したプレゼンボード】

【K様邸リフォーム提案に使用したプレゼンボード】

【リフォーム後のイメージを提案する手描きパース】

【リフォーム後のイメージを提案する手描きパース】

【工事中】

K様邸工事中1

K様邸工事中2

【After】

キッチンは扉のみを新しくして、LDルームとの間の壁に窓をつくりました。
見せる・隠すのバランスを考えてオリジナルデザインした本棚・TVボードが一体となった収納には、ご家族の様々な本や小物が並びます。

【独立型キッチンの壁に窓を付けてリビングの様子が見えるように。】

【独立型キッチンの壁に窓を付けてリビングの様子が見えるように。】

【ラウンドコーナーで圧迫感のない本棚とディスプレイシェルフを兼ねた収納家具】

【ラウンドコーナーで圧迫感のない本棚とディスプレイシェルフを兼ねた収納家具】

【キッチンから見たリビングの風景、完全解放ではない適度な仕切り感。】

【キッチンから見たリビングの風景、完全解放ではない適度な仕切り感。】

 

■現場での対応力

リフォームの楽しさは、空間ががらりと変わるところです。
ただし、プランニングには構造・電気・設備などが大きく関わりますのでその知識も必要になりますし、なんといっても工事を始めてみないと見えない部分もあるので、“現場”での対応力が求められます。
なので、現場にきちんと足を運んで、職人さんや大工さんたちとコミュニケーションすることがとても大切です。

【東京都A様邸ビフォー】

【東京都A様邸】

戸建住宅、クローズキッチンをオープンに、つながるLDルームのバランスをとるリフォームです。
現場工事が始まってから図面上にはなかった抜けない柱が出現!

大急ぎで現場に急行し、皆さんと話し合いまして、柱部分はふかしてキッチン壁面に貼るモザイクタイルをこちらにも貼り、オーダーキッチンの一部を工場で大至急欠き込むことに。
プロの方たちの迅速な対応と、丁寧な仕事により美しく仕上がりました。

東京都A様邸アフター1

東京都A様邸アフター2

東京都A様邸アフター3

お客様、現場の皆さん、各メーカーさん。
リフォーム物件に限らず、インテリア空間をつくるには大勢の人が関わって出来上がります。
日々の仕事で感じるのは、人との信頼関係。それがなければお客様にご満足いただける空間にはなりません。

次回は住宅以外、「オフィスや医療施設」のインテリアコーディネートについてお話します。
どうぞお楽しみに!

これまでの連載記事

第一回 フリーランスインテリアコーディネーターのワークフロー
第二回 顧客の本音を引き出すインテリアヒアリングとは?
第三回 ぶれないプランのキモ「コンセプト」とは?
第四回 人気インテリアコーディネーターが伝授!プレゼン資料作成のポイント
第五回 建物別インテリアプレゼン資料のポイント「マンション編」
第六回 建物別インテリアプレゼン資料のポイント「リフォーム編」(この記事です。)

著者:荒井詩万この記事を書いたのは:荒井詩万氏
CHIC INTERIOR PLANNING 主宰
住宅やマンションのコーディネート・リノベーション、町田ひろ子アカデミー講師・大妻女子短期大学非常勤講師・各セミナー講師、イベント企画展示、空間プロデュース、TV・ラジオ出演、雑誌の企画監修などインテリアに関する様々な仕事をしております。

ページ上部へ戻る