思い出を甦らせ、繋いでいく:「着物リメイク アトリエ山笑う」

アトリエ山笑うさん暖簾

もう着ることはないけれど、思い出深く捨てるに忍びない。そんな着物たちをステキにリメイクして、思い出を甦らせ、新しい世代につないでいるのが、着物リメイクデザイナーの岩山愛恵さん(アトリエ山笑う)です。

岩山愛恵さん(アトリエ山笑う)

岩山愛恵さん(アトリエ山笑う)

和室のない家が普通になるよりもずっと前に、日本人の日常から和服が消えてずいぶん経ちます。人生の「晴れの日」のために購入したものの、ほとんど袖を通すことなくしまわれているのが、現代における「着物」の立場。そんな着物を洋服にしたり雑貨に生まれ変わらせる「着物リメイク」は、着物の利用法として人気があります。今回は、着物リメイクデザイナーの岩山愛恵さんにお話を伺いました。

― まずは、岩山さんの着物との出会いについて教えてください。

岩山:10代の頃からヘアメイクの仕事をしていたのですが、晴れ着や花嫁衣装として着物の着付けもすることがあり、着物は身近な存在だったんですね。自分も着物が好きで機会がある毎によく着ていたんです。また、和雑貨の店を営んでいた叔母が着物リメイクも手掛けていて、そのデザインがとてもステキだったことも、着物に愛着を持つ一因になりました。

― そんな岩山さんが、ヘアメイクの世界からどのようにして着物リメイクの世界に?

岩山愛恵さん(アトリエ山笑う

岩山:着物をはじめとして、和の物が好きだったんですが、和雑貨を取り扱う会社からお声掛けをいただいたことをきっかけに、そちらの会社に入社して商品の選定や仕入れを行うバイヤーとして4年ほど勤務しました。ちょうどそのころ叔母から、「体力的にきついので和雑貨の店を閉めたい」という話が出て、それならば、と私が引き継ぐことにしたんです。大好きだった叔母の着物リメイクも、手ほどきをしてもらいながら引き継ぐことができました。

― 洋裁は昔からやられていたんですか?

岩山:いえ、ごく普通にボタンつけやほつれを直すぐらいでした。叔母の仕事を引き継ぐことになってから本格的に勉強し始めて、現在も修行中です。なので着物リメイクは暖簾や雑貨を中心にやっていて、洋服のオーダーも受けていますが、既定のデザインから選んでいただくセミオーダーで承っています。そのかわり、お手頃な価格でご利用いただけるように心がけています。

― 今回のイベントでも、暖簾をはじめ、いろんな小物を展示されていますね。

歯切れで作った小物たち

岩山:リメイクする着物の生地を、できるだけ無駄にしないようにという思いから、がまぐちや化粧ポーチ、ブックカバーやアクセサリーなど、小さな生地でもできるものに利用しています。

着物リメイクの小物達

― 岩山さんにとって、着物の魅力とは?

岩山:着物は、歴史があるものですし、時代毎にデザインも様々なんです。リメイクのために着物をほどきながら、時代背景やその頃の人々の気持ちに思いを馳せることができるのが、私にとってはとても楽しいんですね。

― 叔母様から引き継がれた和雑貨のお店ですが、残念なことに閉店されたと伺いました。

岩山:実はこの秋に子供が生まれることになりまして、その準備もあり閉めることになりました。今後しばらくの間は、自宅のアトリエを中心にした活動になります。

― 「アトリエ山笑う」の作品を入手したい人や、着物リメイクのオーダーをしたい人はどうすればよいですか?

岩山:定期的にイベント出展はやっていく予定ですが、お電話かメールをいただければご相談を承ります。

― 今後も継続して活動されていくとのことで、ユニークな作品、楽しみにしています。本日はありがとうございました。
「アトリエ山笑う」岩山愛恵さんへの連絡は下記まで。
メール:yamawarau102@gmail.com
電話 :080-3858-6212

(取材協力:KJ WORKS http://kjworks.co.jp/

;

記事の更新情報はFacebookでチェック!

ピックアップ記事

  1. バタフライスツール

    2017-2-10

    バタフライスツール【デザイナーズチェアデータベース】

    [table id=38 /] 【インテリアデザインと椅子】 なんといっても、この椅子の魅力…
  2. 刷毛で書いた風の矢印

    2017-2-3

    刷毛で書いた風の矢印イラスト【無料ダウンロード素材】

    使える手描き風矢印イラストの無料ダウンロード素材。第三弾は刷毛でザザッと描いたような力強いタッチのも…
  3. スマホに潜む危険

    2016-11-25

    情報の宝庫”スマホの隠れた危険とは?

    プライバシーが危ない! 日常にひそむセキュリティの盲点 【第1回】 メールでの連絡、SNSを使った…

建プロショップのお知らせ

”切り抜き樹木・花の無料ダウンロード"
ページ上部へ戻る