取得した資格の数々

【上村裕美子さん】上村裕美子さんは、注文住宅を中心に扱う建築士事務所にインテリアコーディネーターとして勤務されています。でも、それは今年(2015年)の1月から。今の仕事に就くまでに様々な業種・職種で働きながら、自分の理想へと着実にステップアップしてこられた上村さんに、そのサクセスストーリーを伺いました。

-インテリアのお仕事は社会人としてのスタートからですか?

上村:最初の就職はまったくの畑違いで、証券会社のOLだったんです。
それも、たまたま知人の方の紹介で面接を受けたら採用されたという、なりゆきな感じでした。

-金融業界を目指した、というわけでもなく?

笑顔の上村さん上村:はい。積極的に就職活動をするのが好きじゃなかったんですよ(笑)
ただ、人とお話しするのが大好きなので、窓口業務から営業まで楽しく働かせていただきました。
6年半ほど勤務したんですが、ごく普通に寿退社したあとは、子供も生まれて専業主婦になりました。
今の仕事につながる転機は子育て中に、たまたま受講した「パーソナルカラー」のカルチャー講座でした。色だけでこんなにも表現が変化するということを知って、色に興味がわいてきたんです。講座の先生とも仲良くなって、パーソナルカラーの資格はもちろん、他の色に関するありとあらゆる資格も取得しました。

取得した資格の数々

上村さんの取得している資格の数々。

-そこからインテリアの世界へ?

上村:いいえ。私のキャリアのスタートはカラーの講師なんです。最初はパーソナルカラーの先生からの紹介で専門学校の講師になりました。それから公民館のカルチャー講座を担当したり、専門学校からの派遣で職業訓練校の講師もしましたが、この職業訓練校の講座がインテリアコーディネーター資格をとるコースの一部でした。受講者さんがとても楽しそうで私もインテリアコーディネーターになりたいなと思ったんですね。それから独学で勉強して、整理収納、照明やアロマ、そしてインテリアコーディネーターと、暮らしに役立つ資格は全部とりました。それらを活かした講座も開講するようになりましたが、仕事はずっと講師業でした。

セミナーで講演する上村さん

セミナー講師として登壇する上村さん。
着物で講演を務めることもあります。

-では、インテリア業界に転進するきっかけは?

上村:インテリアコーディネーター協会関西に入会したことですね。会員の方々のプロ意識の高さに触発されて、インテリアの現場に携わりたいなと思い始めました。

 

 

そんな時、カラー関係のイベントで、たまたま、インテリア系派遣会社の社長と出会って、そこからの紹介でインテリアショップでカーテン販売の仕事を始めることになったんです。

-この転進も「たまたま」がきっかけなんですね。

上村:そうですね。起こったこととしては本当に「たまたま」なんですけれど、その「たまたま」のチャンスをしっかりと掴めるかどうかは、それまでの経験の積み重ねとアピール力にかかっていると思います。たとえば私は着物が好きなんですが、こういったイベントにはできるだけ着物を着ていきます。それだけでも「あの人は何の人?」と注目してもらえます。そして、派遣会社の社長に声をかけてもらった時に「自分はインテリアコーディネーターでカラーの講師も務めているので、近くで仕事があれば声をかけてください」とアピールしたことで、インテリアの仕事を始めることができました。

-スタートは小さなきっかけでも、そこからのつながりを大切に、ひとつひとつの仕事をしっかりと積み重ねていくことで、巡ってきたチャンスを活かせるということですね。

上村:そうですね。巡ってきた仕事をきっちりとやっていくと、その中から好きなことが生まれます。その好きなことを前向きにやっていけば、必ず「縁」がやってきます。私のこれまでのキャリアはそうやって積み重ねてきたという気がします。

当時を振り返る上村さん

-今、お勤めの建築士事務所もそんな「縁」で巡り合ったのでしょうか。

上村:実はインテリアショップの次にハウスメーカーの契約コーディネーターの仕事に就いてます。この時も知り合いの人からの紹介でした。インテリアショップの時は窓回りだけでしたが、ハウスメーカーの仕事では壁紙や床材のコーディネートに携わりました。この時は逆にあまり窓回りはやれませんでした。こうやってインテリアコーディネートの全般的な経験を積み重ねてきて、窓回りだけではなく、壁・床だけでもなく、総合的なコーディネートをやりたいと思うようになった時に、今の会社がそういったインテリアコーディネーターを募集しているのを見つけて飛びこんだんです。ありがたいことに採用していただけて、今、こうやって働いています。

-まさに、必要なキャリアを着実に身につけていったとき、そのキャリアにふさわしい仕事に巡り合ったということですね。

上村:はい。こうやって振り返ってみると、資格も経験も、無駄なものは何一つなかったと言えますね。

上村さんの3DCGパース作品

最近習得したという建築用3Dソフトの技術も、現在の仕事に大変役立っているとのこと。

-これからインテリアコーディネーターを目指す若い人に、とっても励みになるお話だと思います。最後に、そんな若い人たちへのアドバイスをいただけますか?

上村:笑顔を絶やさずに前向きにコツコツと、が大切かな。「笑顔でタネをまけば、仕事の芽が出る」、そんな感じで私はやってきましたので、ぜひ若い方もくじけずめげずに前進してほしいと思います。

-今日はありがとうございました。

上村さんプロフィール写真

上村裕美子さん
奈良・大和郡山市在住。
インテリアコーディネーター。
カラーコーディネーター。
整理収納アドバイザー。
ブログ「色color色へと。。。

記事の更新情報はFacebookでチェック!

ピックアップ記事

  1. バタフライスツール

    2017-2-10

    バタフライスツール【デザイナーズチェアデータベース】

    [table id=38 /] 【インテリアデザインと椅子】 なんといっても、この椅子の魅力…
  2. 刷毛で書いた風の矢印

    2017-2-3

    刷毛で書いた風の矢印イラスト【無料ダウンロード素材】

    使える手描き風矢印イラストの無料ダウンロード素材。第三弾は刷毛でザザッと描いたような力強いタッチのも…
  3. スマホに潜む危険

    2016-11-25

    情報の宝庫”スマホの隠れた危険とは?

    プライバシーが危ない! 日常にひそむセキュリティの盲点 【第1回】 メールでの連絡、SNSを使った…

建プロショップのお知らせ

”切り抜き樹木・花の無料ダウンロード"
ページ上部へ戻る