インテリアを彩る世界各国の壁紙やファブリックを日本に紹介:テシード東京ショールーム

テシード東京ショールーム

日本のインテリア空間がより魅力的なるように、世界各国の様々な壁紙やファブリックを紹介、販売しているのが株式会社テシードです。輸入壁紙・ファブリックの魅力は鮮やかなデザインや手触り、素材感にあり、実際に見て触れて体感できるのがテシード東京ショールーム。
今回は、株式会社テシード販売促進部の相上葉子さんにお話を伺いました。

株式会社テシード 東京ショールーム 相上葉子さん

株式会社テシード 東京ショールーム 相上葉子さん

―テシード東京ショールームは学習院大学にほど近い目白通り沿いのオフィスビルの7階にあります。やはり来店される方はインテリアのプロの方でしょうか。

相上:プロの方が主体ですが、一般のお客様もいらっしゃいます。ここ数年は一般のお客様が増えていて、今は3分の1ぐらいが一般の方ですね。

―それだけインテリアや輸入壁紙・ファブリックに関心が高まってきているということでしょうか。

相上:そうですね。輸入壁紙はデザインや色合いが目を引くので、一般の方が壁紙に興味を持ってもらいやすいんだと思います。以前、テレビコマーシャルのセットに使われていた輸入壁紙を目にとめた方が、その壁紙を求めてご来店されたこともあります。

―インテリアのプロの方はどういった業種の方が多いですか。

相上:ハウスメーカー様や工務店様がメインですね。施主から「輸入壁紙を」とリクエストがあって、初めて来店いただく工務店様も増えています。

―プロの方ですから「こんなインテリアイメージの壁紙を」という要望を持って来られるわけですね。

相上:はい。「ビクトリア調の」とか「ボタニカル柄の」といったご指定でこられる方が多いですね。ただ、言葉と思い描かれているインテリアのイメージが必ずしも一致しているわけではないので、ご検討のベースとなる壁紙をご紹介して、インタビューさせていただきながら、それをもとに色合いや明るさ、柄などをすり合わせていくのが私たちの業務になります。

【同社取り扱いの豊富な輸入壁紙のサンプルがすべて揃えてあります】

【同社取り扱いの豊富な輸入壁紙のサンプルがすべて揃えてあります】

―どんなことをインタビューされるのでしょうか。

相上:壁紙のデザインやインテリアのテイストはもちろん、どんな機能を求められるのかも伺います。水回りに使用されるのであれば、耐水性のあるものをお勧めする、といった具合ですね。

―テシード東京ショールームに来られるお客様へのメッセージをいただけますか。

相上:日本の住宅は約9割が白い壁紙、と言われています。輸入壁紙にもベーシックな柄はありますが、やはりカラフルなデザインやバリエーションの豊富さが魅力です。立体感のある製品もありますので、ぜひ実際に目で見て手で触れて輸入壁紙を体感していただければと思います。一般のお客さまも大歓迎ですので、お気軽に足をお運びください!

【輸入壁紙の色合いや手触りを実際に体感いただけます】

【輸入壁紙の色合いや手触りを実際に体感いただけます】

【ショールームにはコーディネートコーナーもあり、見ごたえ抜群です】

【ショールームにはインテリアをコーディネートしたコーナーもあり、見ごたえ抜群です】

―本日はありがとうございました。

サクセス!インテリアでは、テシードショールームでのインテリアセミナーの記事やテシード大阪ショールームの記事も掲載しています。

「サロンのインテリアセミナー」レポート

インテリアが華やぐ!Eijffinger、CASADECO新作発表イベント

株式会社テシード公式ホームページ
http://www.tecido.co.jp/

記事の更新情報はFacebookでチェック!

ピックアップ記事

  1. 東京インテリア家具大阪本店

    2017-6-8

    ワンランク上のインテリアををリーズナブルな価格で:東京インテリア家具 大阪本店

    人にやさしい、地球にやさしい、そしてお財布にもやさしいインテリアの販売を基本理念として、創業以来50…
  2. 矢印イラスト「リボンスタイル」

    2017-2-8

    ポップなデザインの矢印イラスト「リボンスタイル」【無料ダウンロード素材】

    プレゼンボードや各種レポートなどに使える矢印イラストのポップデザインシリーズ。 第一弾は、リボンを…
  3. 刷毛で書いた風の矢印

    2017-2-3

    刷毛で書いた風の矢印イラスト【無料ダウンロード素材】

    使える手描き風矢印イラストの無料ダウンロード素材。第三弾は刷毛でザザッと描いたような力強いタッチのも…

建プロショップのお知らせ

”切り抜き樹木・花の無料ダウンロード"
ページ上部へ戻る