真壁(しんかべ)

木造軸組み工法の、柱と柱の間に壁を仕上げ、柱が表に表れる日本建築物の伝統的な壁のこと。

ページ上部へ戻る