インテリアのチカラで価値あるものを 大切にしたい

大西さんプロフィール写真

【GIO INTERIOR WORKS 大西哉子さん】インテリアコーディネーターであり、古物商でもある大西哉子さんは、神戸で住宅を中心としたインテリアを手掛けています。
今年、独立して10周年を迎えるとのことで、これまでの仕事、そしてこれからの仕事について、お話を伺いました。

― 現在、フリーランスとして活躍されていらっしゃいますが、独立する前はどんなお仕事だったのでしょうか?

大西:10年ほど大手ハウスメーカーでインテリアコーディネーターをしていました。新築の注文住宅や建て売り住宅、モデルハウスなど、規模も小さいものから大きいものまで、いろんなジャンルのインテリアを手掛けてきました。

― となると、ベテランとして一目置かれるような立場になられていたと思いますが、独立されたきっかけはどんなことだったんでしょうか?

大西:直接的なきっかけは子供ができたことですが、それ以前に自分の中で「やりつくした感」のようなものもあったんですね。ここでインテリアコーディネーターとしてやるべきことはすべてやったな、と。もともと、いずれはフリーでやりたいと思っていたこともあったので、妊娠を機に独立しました。

― フリーを目指されていた理由を教えていただけますか?

大西:組織に属して上を目指すという道もあるかと思いますが、人を束ねていくとか率いていくとか、そういったことには向いていないんですね。それよりも自分のやりたいことを極めることにフォーカスしていきたいな、と、社会人として経験を積むうちに考えるようになったんです。

インタビューを受ける大西さ
自分の周りでフリーになった人もちらほらと出てきて、具体的なイメージが見えるようになったこともあります。
ただ、フリーになった人が異口同音にいうのは「社内では頼られる存在でも、外に出ると痛い目に会うことも多いわよ」というアドバイス。
フリーって怖いな、と思うこともありましたが、今の会社にいても「これ以上何をやるの?」と燃え尽きた気持ちにもなっていたので、妊娠をきっかけに「よし!環境をかえよう!」と退職したというわけです。

― 「痛い目」も怖いですが、一番怖いのは「独立しても仕事があるのか?」ということではないでしょうか?

大西:もちろんそうですね。私の場合も特にアテがあって独立したわけじゃないんですが、幸い元の会社の同僚から外注の依頼があって、すぐに仕事を始めることができました。

― 独立前にしっかりと仕事をしていたからこそ、声がかかったんでしょうね。

大西:やっぱりある程度の期間、いろんな経験を積むということが自然に人との信頼やつながりを作っていくということでしょうね。

― インテリアコーディネーターの「資格」をとれば仕事がある、というわけではなくて、経験や実績を作ってきた上に、仕事が生まれる、ということですね。

大西:どんな仕事であれ、実績を積み重ねることから生まれる人脈とスキルが大切ですよね。

― そんな人脈とスキルのおかげで独立後すぐにお仕事を始められたわけですが、会社勤めの時と比べて「これが違ったな」ということはありますか?

大西:そうですね。初めて輸入住宅の仕事を受けた時は衝撃でしたね。

― といいますと?

大西:自分が手掛けてきた国内のハウスメーカーとはぜんぜんちがう層なんだなと。当時、国内のインテリアはシンプルモダンが主流だったのですが、輸入住宅の建て主さんが希望するテイストはコテコテのクラシックだったりエレガントだったりで、まるで異次元の世界でした。最初はその方だけかな?と思ったのですが、輸入住宅の建て主さんはどの方もたいていそういったテイストを求められるんです。「ああ、自分の感覚って、一つのハウスメーカーの中だけの常識だったんだなあ」ということに気づかされました。「うわあ、どうしよう?」という戸惑いもありましが、独立してよかったな、と思えた瞬間でもありましたね。

― わからないことも多かったんでしょうね。

大西:そうですね。でもひとつひとつ、調べたり教えてもらったりしながら身につけていったことが、今となっていは血となり肉となったと思えますね。

大西さんが手掛けた輸入住宅のインテリアコーディネート例(1)

大西さんが手掛けた輸入住宅のインテリアコーディネート例(1)

大西さんが手掛けた輸入住宅のインテリアコーディネート例(2)

大西さんが手掛けた輸入住宅のインテリアコーディネート例(2)

― ハウスメーカーとして10年、それに加えてフリーランスとしても10年の経験を積まれてきた大西さんですが、次の10年に向けての抱負みたいなものがあれば教えていただけますでしょうか?

大西:フリーランスになって10年間、新築のインテリアコーディネートを中心にやってきましたが、中古住宅の空き家問題が叫ばれる中、新建材や合成樹脂やらを使った、土に還らないような住宅をこれからも作り続けていていいんだろうか、と思うようになってきました。そして、私らしい仕事って何だろうと考える中で出てきたのが古物であり、中古住宅です。古くても価値のあるものはたくさんありますが、日本人は新しいものを好みますから、ただ古ぼけて埃を被ったままのものは見向きもされません。それらを掘り起こして手を入れ、再び世に出すことで目を向けてもらえるようにしたいですね。

大西さんの手が入るのを待っている古物たち

大西さんの手が入るのを待っている古物たち

大西さんが手掛けた中古物件のリノベーション

大西さんが手掛けた中古物件のリノベーション

― まさにこれからの時代を見据えた目標ですね。本日はありがとうございました。

大西 哉子 GIO INTERIOR WORKS代表 ハウスメーカー住宅設計部にてインテリアコーディネート業務に携わり 個人邸・店舗・モデルハウス等、約800棟を担当。 10年の勤務を経て2005年よりフリーランス、 2006年、GIO INTERIOR WORKS開設。 インテリアコーディネート・デザイン業務全般を手掛ける。

大西 哉子
GIO INTERIOR WORKS代表
http://www.gio-interiorworks.com/
ハウスメーカー住宅設計部にてインテリアコーディネート業務に携わり個人邸・店舗・モデルハウス等、約800棟を担当。
10年の勤務を経て2005年よりフリーランス、2006年、GIO INTERIOR WORKS開設。
インテリアコーディネート・デザイン業務全般を手掛ける。

記事の更新情報はFacebookでチェック!

ピックアップ記事

  1. テシード東京ショールーム

    2017-5-16

    インテリアを彩る世界各国の壁紙やファブリックを日本に紹介:テシード東京ショールーム

    日本のインテリア空間がより魅力的なるように、世界各国の様々な壁紙やファブリックを紹介、販売しているの…
  2. 矢印イラスト「リボンスタイル」

    2017-2-8

    ポップなデザインの矢印イラスト「リボンスタイル」【無料ダウンロード素材】

    プレゼンボードや各種レポートなどに使える矢印イラストのポップデザインシリーズ。 第一弾は、リボンを…
  3. 【部屋別】インテリア写真撮影講座:セルコホーム編その2

    2016-4-25

    天井のデザインで魅せる撮影術

    【インテリアコーディネーターが教える!部屋別インテリア写真撮影講座:セルコホーム編その2】付け梁や折…

建プロショップのお知らせ

”切り抜き樹木・花の無料ダウンロード"
ページ上部へ戻る