岡室妙子さん

【株式会社MURO 岡室妙子さん】岡室妙子さんが働いている株式会社MURO(大阪府堺市)は内装業者であり、主に輸入壁紙を扱う壁紙屋さんでもあります。今年7月から法人化して、事務所兼ショールームを新規オープンしました。

株式会社MUROの新事務所兼ショールーム

株式会社MUROの新事務所兼ショールーム

社長で配偶者の岡室憲さんは内装業の職人として独立して10年間施工中心に事業を営んできましたが、輸入壁紙や和紙の壁紙に出会ったことを契機に、「この壁紙をもっと広めたい」という思いが強まり、今回の法人化・ショールームオープンにつながったとのこと。
一方、妙子さんは短大卒業後にごく普通のOLとして勤務しましたが、出産を機に退職。主婦業の傍ら、憲さんの仕事の経理業務などを手伝っていました。
「そんな折、お客様から『壁紙はおまかせで』という案件があって、事務仕事の流れで私が壁紙選びをすることになったんですが、『壁紙ってなんだか楽しいな』と思ったんですね。それがインテリアに開眼するきっかけでした」
と妙子さん。
その後、インテリアの専門知識を身に付けたい、とカラーコーディネーター、インテリアコーディネーターの資格を取得し、壁紙だけではなく照明やウィンドウトリートメントなどトータルなインテリアコーディネート提案ができるようになり、MUROの業務に本格的に関わることになりました。

岡室さんが手掛けたインテリアコーディネートの提案パース。

岡室さんが手掛けたインテリアコーディネートの提案パース。

実際の施工写真

実際の施工写真

今回のショールームをオープンするにあたっては、インテリアコーディネーターとしての妙子さんの存在感も大きいようです。

「輸入壁紙は大胆で個性的な柄が魅力ですが、それだけに『これを壁に貼るの?』と躊躇する方も多いんです。でも、お客様の好みを元にベストなチョイスをすれば、すごくステキなインテリアを楽しめるんです。」

カラフルな輸入壁紙でトイレをコーディネート

それがインテリアコーディネーターとしての腕の見せ所だ、と妙子さんは言います。
妙子さんの今後の目標は、ファブリック、主にカーテンのコーディネート力を磨きたいとのこと。
内装職人から輸入壁紙を核にしたインテリア提案会社へと、力を合わせて業務の幅を広げていく岡室さんご夫妻です。

株式会社MURO
http://www.mu-ro.jp/

サクセス!インテリアでは岡室妙子さんの紹介記事として以下のものを掲載しています。

手描きパースとMacで作るプレゼンボードで勝負:私のプレゼン必勝メソッド

また、岡室妙子さん執筆で、以下の施工事例記事を連載しています。

輸入壁紙でインスタ映えするインテリアのスイーツ店に【ドイツRasch社】

子供の自由なインテリアセンスに任せて輸入壁紙を【Eijffinger】

賃貸住宅の空室対策、輸入壁紙でインテリアをセンスアップ【Eijffinger、coordonne】

岡室憲さんによる、BOSCH ZAMO2、RICHO THETA Sの紹介記事もあります。

超軽量のレーザー距離計「BOSCH ZAMO 2(ボッシュ ザーモ 2)」実機レビュー

現場で使える360度カメラ「THETA S」を壁紙屋が実際に使ったら?

 

ページ上部へ戻る