無印良品のユニットシェルフで「自分らしさ」を再発見してほしい~無印良品グランフロント大阪訪問レポート~

無印良品グランフロント大阪店

『世界の人々に「感じ良いくらし」』を30年以上前から提案し続けているのが株式会社良品計画の無印良品。全国で280以上も展開している直営店中でも西日本最大の売り場面積と売上高を誇るのがグランフロント大阪店です。今回は同店でインテリアアドバイザーを務める長谷由美子さんにお話を伺いました。

インテリアアドバイザー:長谷由美子さん

インテリアアドバイザー:長谷由美子さん

- 売り場面積が西日本最大ということですが、家具やファブリックから建材までインテリア関連の品ぞろえも豊富ですね。

長谷:「わけあって安い」というキャッチフレーズで、1980年に食品や雑貨など40品目でスタートした無印良品ですが、徐々に取り扱うジャンルを拡大していきまして、今ではインテリア関連の製品も主力アイテムの一つです。雑貨や文房具から家そのものまで、お客様にとっての感じ良いくらしをトータルでコーディネートしてもらえるように、が無印良品の目指すところです。

- そんな無印良品の店舗の中で、グランフロント大阪店ならではの特徴はありますか?

長谷:無印良品には、インテリアのエキスパートとして「インテリアアドバイザー」が配置されている店舗があります。現在、全国で56店舗に90名のインテリアアドバイザーがいますが、グランフロント大阪店は西日本で一番多い5名が在籍していて、インテリア関連のサービスを充実させています。

- 具体的にはどんな活動をされてるのでしょうか。

インテリア相談会メニュー

インテリア相談会メニュー

長谷:インテリアアドバイザーの活動の大きな柱としては「インテリア相談会」があります。こちらがそのメニューですが、「ねる」「しまう」「すわる」など暮らしの中の具体的なシーンに関連したお客さまの悩みについて、私たちアドバイザーが相談させていただくというものです。グランフロント大阪店では、毎月150件ほどの相談を承っています。

- 150件!平均すると一日5件の相談を毎日受けているという感じですね。特に多い相談というのはありますか?

長谷:やはり「しまう」に関する相談がダントツですね。全体の5割は超えていると思います。

- 無印良品を使った整理収納の本も出ているぐらいですからね()。それでは、「しまう」の悩みについて、インテリアアドバイザーのみなさんはどのようにアドバイスされているのでしょうか。
※「もっと知りたい無印良品の収納」本多さおり著 KADOKAWA / メディアファクトリー

インテリアアドバイザーの仕事を説明する長谷さん

長谷:まず、私たちインテリアアドバイザーが心がけているのは、「モノよりコト」ということです。お客様が欲しい商品、「モノ」についてではなく、お客様が求めている暮らしはどんなふうで、それを実現するにはどのような生活スタイルが最適か、という「コト」にフォーカスするようにしています。

ユニットシェルフのある室内の写真

- 「感じ良いくらし」を提案する無印良品らしいスタンスですね。具体的な例を教えていただけますか?

長谷:そうですね、たとえばよくご相談いただくのがキッチン収納の悩みなんですが、お客様によってポイントが違います。「使いやすさ」に重点を置く方がいると思えば、「美しさ」を求める方もいらっしゃいます。具体的にいうと、家事動線をよくしたいという要望と見られたくないものをうまく隠したいという要望ですね。それぞれ違うスタンスの要望ですが、これに加えて「パンをよく焼くので」とか「お菓子作りが好き」などの具体的なライフスタイルを重ね合わせることで、どんな収納スタイルが最適なのかが絞り込めてきます。

- 生活スタイルをしっかり分析することで、それぞれに合った収納法が見えてくるということですね。そうやって浮き彫りにしたニーズにぴったりの収納用製品とははどんなものでしょうか。

長谷:実はどのようなニーズにもぴったりとフィットする無印良品のロングセラー収納製品があるんです。それが「ユニットシェルフ」です。これは金属製の「帆立」と材質や色合いなどを選べる棚板、クロスバーが基本になっていて、これに引き戸や引き出しタイプのボックスユニット、目隠しになるフロント・サイドパネル、バスケットやワードローブバーなどを組み合わせることで、様々なニーズにぴったりの収納家具に仕立てることができるんです。
ユニットシェルフ

サイドボード

- シンプルな収納棚みたいなものからサイドボードやシステムデスク、食器棚にまでなるんですね。

長谷:その通りです。高さや幅、見せる・隠す、収納容量、デザインテイストなどを自在に組み替えられるわけです。なので、このユニットシェルフをどう組むかを考えることで、逆にお客さま自身のライフスタイルを再確認できる、というメリットにもなるんです。ユニットシェルフを使ってご相談を受けている中で「うちって、こんなに食器いらなかったんだ」とか「私がやりたかったのはこんなことだったんだ」というような、新発見をされるお客さまもたくさんいらっしゃいますね。

ザ・キッチン
そういったお客様の隠れたニーズを引き出すために、私たちはこのようなイメージ写真を見ていただきながら、ご自身の暮らしぶりを想像していただくようにしています。
さらに、グランフロント店に展示している実物を見ていただくことで、質感やサイズなどをリアルに確認していただいて、お客様のライフスタイルにぴったりの、オリジナルな組み合わせをお客さまと一緒に考えていくんです。

グランフロント大阪店に展示されていたユニットシェルフの組み合わせ例。

グランフロント大阪店に展示されていたユニットシェルフの組み合わせ例。

展示されているユニットシェルフのサンプル2

こちらもグランフロント大阪店に展示されていたユニットシェルフの組み合わせ例。食器棚兼レンジ台というスタイル。

- 自分のライフスタイルを見つめ直すには無印良品のユニットシェルフで生活をシミュレーションしてみるのもよい方法というわけですね。
今回は、ユニットシェルフの紹介だけになってしまいましたが、他にもおススメの家具などはありますでしょうか。

長谷:そうですねえ、どれもおススメですが、無印良品の家具の中で一番売れている「体にフィットするソファ」、これはぜひ実物に座ってみていただきたいですね。体型に合わせて自由に変形しますがそれでいて座り心地はしっかりとしていて、体をきっちりサポートしてくれます。無印良品の社員はみんな買っている、と言っていいぐらい社内でも人気のソファです。

これが「体にフィットするソファ」。さまざまなテイストのカバーを選べる。

これが「体にフィットするソファ」。さまざまなテイストのカバーを選べる。

- おおっ、これは!本当ですね。カッチリとした座り心地なのに、なんとも心地よい包まれ感です(実際に座らせていただきました)。これはぜひ買いたいですね。本日はどうもありがとうございました。

【Shop info】

店名:無印良品グランフロント大阪
住所:大阪府大阪市北区大深町3-1グランフロント大阪 ショップ&レストラン 北館4F
最寄り駅
R大阪駅直通・阪急線・阪神線・地下鉄御堂筋線梅田駅下車すぐ
営業時間:10:00~21:00
電話番号:06-6359-2171
Web:http://www.muji.com/jp/
定休日:なし

記事の更新情報はFacebookでチェック!

ピックアップ記事

  1. バタフライスツール

    2017-2-10

    バタフライスツール【デザイナーズチェアデータベース】

    [table id=38 /] 【インテリアデザインと椅子】 なんといっても、この椅子の魅力…
  2. 刷毛で書いた風の矢印

    2017-2-3

    刷毛で書いた風の矢印イラスト【無料ダウンロード素材】

    使える手描き風矢印イラストの無料ダウンロード素材。第三弾は刷毛でザザッと描いたような力強いタッチのも…
  3. スマホに潜む危険

    2016-11-25

    情報の宝庫”スマホの隠れた危険とは?

    プライバシーが危ない! 日常にひそむセキュリティの盲点 【第1回】 メールでの連絡、SNSを使った…

建プロショップのお知らせ

”切り抜き樹木・花の無料ダウンロード"
ページ上部へ戻る