写真にトレペでメモできるアプリ「morpholio trace」

morpholio traceのアイコン

お客様のお部屋でインテリアリフォームの打合せをする際に使えるiPhoneアプリのご紹介です。
リフォームしたい場所を拝見しながら、「ここに棚をつけましょうか?」とか「ここの壁を抜いて大空間を作りましょうか?」とか、言葉で説明することが一般的だと思います。絵心のあるインテリアコーディネーターさんなら、手描きでサラサラとパースを描かれるかもしれませんが、絵の苦手な方もいらっしゃるはず。
そこで、このアプリ「morpholio trace」をご紹介します。

「morpholio trace」は、電子的トレーシングペーパーアプリとも言うべきもの。
図面や写真などの上にトレーシングペーパーをかけて、下絵をなぞって清書したり、コメントを書き込んだりできます。
平面図を下絵にして、いろんな間取り変更プランを書き込むという方法で平面的にリフォームの打合せをすることもできますが、ここでは写真を撮って視覚的にプランをすり合わせしていく方法を簡単に解説しましょう。

室内サンプルCG


まず、リフォームを予定している現場の写真を撮影します。(※ここではCGパースを使っています。)

操作画面縦

この写真を「morpholio trace」に取り込むとこんな風に黄色いトレーシングペーパーが一枚かけられた状態で表示されます。

操作画面横

iPhoneを横に倒すと横向き表示でも使えますので、横長の写真や図面をトレースする時に便利です。

トレーシングペーパー二枚がけの状態

トレーシングペーパーは何枚でもかけられます。これは2枚重ねた状態。一枚かけるごとにトレーシングペーパーの黄色が濃くなっていきます。

2枚目にカーテンを描く

たとえばトレーシングペーパーを2枚かけた状態で、このようにペンで描きこんでみます。一応、カーテンのつもり。(インクの色は赤、白、黒から選べるほか、追加料金でいろんなカラーも使えるようになります。)

1枚目に棚を描く

トレーシングペーパーは一枚ずつめくることもできます。カーテンを書きこんだトレーシングペーパーをめくって、下のトレーシングペーパーに棚(のつもり)を描きこんでみました。

部分拡大もできる

画面の一部を拡大することで、細かく描きこむことも可能です。

2枚のトレーシングペーパーを重ねる

めくっていた2枚目のトレーシングペーパーを元に戻すとこのとおり。カーテンがある場合とない場合、みたいな見せ方で打合せを進めることもできますね。

トレーシングペーパーの色を透明にもできる

トレーシングペーパーの色の濃さはあとからスライダーで調整できます。完全に透明にもできるので、背景写真をはっきり見せることも可能です。

 

iPadでも使えますので、大きな画面で打合せをするとよりスマートですね。

「morpholio trace」は無料のアプリです。
https://itunes.apple.com/jp/app/morpholio-trace-toresshingupepanisuketchi/id547274918?mt=8

iPhone & iPadアプリ紹介目次ページへ戻る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

記事の更新情報はFacebookでチェック!

建プロショップのお知らせ

”切り抜き樹木・花の無料ダウンロード"
ページ上部へ戻る