インテリアデザインや建築に使えるARアプリ「ミスラズAR PRO」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ミスラズAR

AR技術を使った空間デザイン・看板シミュレーションアプリ

AppleがiPhone/iPadにAR Kitを投入し、いよいよ一般化と実用化の波がやってきたAR(拡張現実)の世界ですが、サイバネットシステム株式会社から、高性能AndroidスマートフォンARアプリを組み合わせた建築系AR製品が登場しました。それが、次世代立体配置シミュレーション「ミスラズAR PRO」です。

「ミスラズAR PRO」は、ざっくりいうと、看板やポスター・絵画などを実際にある建物に張り付けて、仕上がり具合を確認するためのARアプリです。これだけであれば、Adobe Photoshopなどの画像加工ソフトみたいなものと思われるかもしれませんが、「ミスラズAR PRO」はその名の通り「AR」であることが最大のポイントです。

看板やポスター、広告を設置したい現場にスマホのカメラをかざすと、自動的に壁や床などの平面を認識。そこに実寸でデザインされた看板・広告などのデータが、そのまま実寸で張り付けられます。デザインの追加はスマホの画像フォルダに新たなデザイン画像を追加するだけです。そして、ARなのでスマホをかざしたまま、移動すればまるで現実に看板や広告を設置しているように、画面で確認できるのです。

スマホをかざすだけで、対象の建築物に看板やポスターなどを貼りつけられます。

スマホをかざすだけで、対象の建築物に看板やポスターなどを貼りつけられます。

「ミスラズAR PRO」を使えば、画像加工ソフトでの制作の手間が不要の上、現場でクライアントと打ち合わせしながら仕上がりをリアルタイムで、しかも3DCGのように様々な角度から確認してもらえるというわけです。

ミスラズARの室内での使用事例。壁にかざすだけで、壁面装飾の様子を確認できます。

ミスラズARの室内での使用事例。壁にかざすだけで、壁面装飾の様子を確認できます。

「ミスラズAR PRO」は、店舗のファサード提案、商業空間の広告展示シミュレーション、イベント会場での看板設置確認などに威力を発揮しそうです。

この「ミスラズAR PRO」は、床、壁、天井など様々な面を精確に認識させる必要があるので、GoogleのAR技術「Tango」に対応したスマホ「Lenobo Phab2 PRO」とアプリのセットでの販売になっています。

ミスラズARはハードウェアと専用ARアプリのセットでの販売となります。

ミスラズARはハードウェアと専用ARアプリのセットでの販売となります。

本製品のご購入については下記にお問い合わせください。
missrazz@cybernet.co.jp
https://missrazz.com/

iPhone & iPadアプリ紹介目次ページへ戻る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

記事の更新情報はFacebookでチェック!

建プロショップのお知らせ

”切り抜き樹木・花の無料ダウンロード"
ページ上部へ戻る