インテリアや建築分野に限らず、あらゆる打ち合わせに使えるノートアプリ「MetaMoJi Note」

MetaMoJiNote紹介

インテリアコーディネートでも、建築設計でも、まず最初に行うのは施主と打ち合わせです。

IT業界なら、打ち合わせにノートパソコンを開いてキーボードで入力する方も少なくありませんが、一般的には紙のノートに鉛筆やボールペンなどの筆記用具が主流でしょう。

紙なら文字はもちろん、図やイラスト、手描きパースなどさまざまな表現で書き込めますから、視覚的なイメージを共有も容易です。
しかし、「あの件の内容について書いたのはどのページだっけ?」といった時にそれを探すのはとても大変です。

また、大切な打ち合わせ内容を漏れなく記録するために、ICレコーダーで録音する、という方もいらっしゃるでしょう。
しかし、ICレコーダーの場合、「打ち合わせの時のあの部分について確認したい」と思っても、その場所を探すのは容易ではありませんから、聴き直すのが面倒です。

紙のノートのように自由に書けて、後から検索もできるノートがあったら。

聴きたい部分が簡単に探せるICレコーダーがあったら。

その両方を同時に実現できるのが、MetaMoJi Noteなのです。

今回はiPadでの使用方法をご紹介します。
※ MetaMoJi NoteはiOS版、Android版、Windows版が発売されています。

MetaMoJi Noteでは、紙にペンで書くような感覚で用紙画面に直接線を引けます

【絵も描けるペンツールで文字を書いてみる。】

【絵も描けるペンツールで文字を書いてみる。】

このように文字を書くことも可能です。

指やスマホ・タブレット用スタイラスで描けますが、Apple Pencilにも対応していて、Apple Pencil使用時には指や手のひらがあたっても誤入力されないようになっています。
ペンツールは、文字もイラストや図形も描けますが、文字中心に書きたい場合は、文字ツールが便利です。
文字ツールは、画面下部の入力窓に手書きして確定すると用紙の指定位置に書き込まれるというスタイル。

【入力窓に大きく書いて、用紙に小さく確定できる。】

【入力窓に大きく書いて、用紙に小さく確定できる。】

大きく書いて小さく入力できるので、たくさんの文字を用紙にびっしりと書けるのが便利です。
さらにオプションの「mazec」機能を購入すれば、手書き文字をテキストデータに変換することも可能です。

【かなり適当に手書きした文字もテキストデータに変換できる。】

【かなり適当に手書きした文字もテキストデータに変換できる。】

さらにさらに驚きなのは、手書きで文字を書いて確定したものも、後からテキストデータに変換できるのです。
なので、打ち合わせ中は思考を妨げない手書き文字で書いておいて、打ち合わせが終わってからゆっくりとテキストデータに変換する、ということも可能です。

さらにさらに、さらに!便利なのが録音機能です。
MetaMoJi Noteでは、メモを取りながら同時に音声も記録できるのですが、この録音データは、文字記録と連動しているのです。

【赤ペンで囲んだ部分の赤丸ボタンが録音開始ボタン。】

【赤ペンで囲んだ部分の赤丸ボタンが録音開始ボタン。】

どういうことかというと、任意の文字の位置にカーソルを移動してその部分をロングタップ(長押し)するとサブメニューが現れ、その中の「作成時刻から再生」をタップすることでその文字を書いた時に録音された部分が再生されるのです。

つまり、打ち合わせ時には、要点や打ち合わせ項目だけを手書き文字で書いておき、その部分の録音データを簡単に頭出しして聞くことができるというわけです。
インテリジェンスなICレコーダーとしてだけでも、MetaMoJi Noteを打ち合わせに使う価値があると言えるでしょう。

そしてMetaMoJi Noteは、すべてのファイルを串刺して検索することができるので、要点だけでもテキスト化しておけば、「あの件を書いたのはどのノートだっけ?」という時にも容易に探し出すことができます。

これほど強力な打ち合わせ用ノートはなかなかありません。
僕もサクセス!インテリアの取材用ノートとしてMetaMoJi Noteを愛用しています。

無料版のMetaMoJi Note Lite(録音機能はありません)もありますので、まずは使ってみて、そのすごさを体感してみてください!

MetaMoJi Noteホームページ
http://product.metamoji.com/ja/anytime/

(ライター:西脇 功)

iPhone & iPadアプリ紹介目次ページはこちら

ページ上部へ戻る