松本佳津の「インテリアコーディネーター流ワクワク情報発信術」【特別編:JAFICAバルセロナインテリアペンションコーディネート】

JAFICAバルセロナペンションコーディネートツアーのメンバー

2016.2月10日 PM8:00。スペイン バルセロナ空港。

地中海性気候の優しい暖かな空気が嬉しく、飛行機から見たバルセロナの夜景はヨーロッパ独特の幻想的なオレンジの灯りに彩られていた。機体が降下する。着地の衝撃の揺れとともに初バルセロナのこの旅のスタートの気合にスイッチが入る。心はやる瞬間だ。

違うルートでのメンバーともほぼ到着は同じ時間。ほぼ予定通りの到着で、各自入国の手続きを終え到着ロビーには仲間たちの笑顔がそろった。

日本各地からこのJAFICAバルセロナペンションインテリアコーディネートプロジェクトに参加する面々が一堂に会した瞬間だ。竹内氏を除きほぼ全員が初バルセロナである。

事の発端は四国の竹内氏が昨年訪れたバルセロナのペンション『カサデバルサ』での、オーナー岡崎氏との雑談に端を発する。

築100年といういかにもヨーロッパらしい重厚な建物にあるそのペンションは、立地の良さ、日本人の若きオーナー岡崎氏のお人柄もあり、日本からの旅行客が多く、サッカー観戦を目的に来るなど人気のあるペンションだ。しかし、肝心の部屋には飾り気もなく簡素なベッドのみで、味気ない病院のよう。お世辞にも居心地がよいとは言えなかった。開業から4年を迎えあちこちほころびも目立ち、直さなければいけない時期に入っていた。オーナー岡崎氏は改装プロジェクトファンドを募ったが空振りに終わり、ちょうどその時期、竹内氏が滞在することになる。

ならば竹内氏が副会長を務めるJAFICAと共に考えてみてはどうだろうか、ということとなりこのプロジェクトがスタートした。説明会の後、瞬く間に参加者が集まった。海外でインテリアコーディネートができるなんて素敵だし、めったにないチャンス。インテリアコーディネーターにとっては非常に魅力的なプロジェクトである。

実現は決まったが、事前に何か打ち合わせをしたわけではない。

条件はただ一つ。

『自分たちが宿泊した部屋をコーディネートする。予算は宿泊費程度』

現場写真はあったが、構造も納まりもわからない。現地に行ってからホームセンターにも行こうということになり、各自それぞれにすべてお任せで珍道中はスタートした。

JAFICA遠征メンバーの集合写真

ベテランぞろいならでは。

私自身もそうだが、メンバーの旅の荷物は半分以上が、道具や材料で占められていた。いろんな場合を想定しあると便利だろうというものである。現地調達といってもどの程度そろっているのかもわからない。単純に飾り付け、だけでなく使い勝手や補修も含め快適に変えるいろんなことを想定していた。そのあたりは経験豊富なベテランぞろいのJAFICAメンバーならではだ。

さて、カサデバルサに到着!重厚な背の高いメインの玄関を入ると、映画で見たことのあるような手動のエレベーターにテンションが上がる。

カサデバルサのエレベーター

カサデバルサホームページより

ここはスペインなんだ、異国に来たのだ、と再確認する。日本と違い、歴史ある石造りが今もなお当たり前のように生活の基盤なのだ。

何よりこの仕事が大好き

翌日から早速、各自スタート。まずは既設の棚などの移設や新設、カーテンレールや額などを取り付けるためのアンカーを打ち込む。壁はコンクリート。ビスや画鋲は使えずエンボスのある壁のため接着剤も効きにくい。予想はしていたがやはり現場は違う。ただそれぞれ各自いろんなことが起こったが、それを逆手にとって楽しむ姿はベテランであることはもちろんだが、何よりこの仕事が大好きなのは間違いない。

張り切ってスタート!/Leroy Merlin Constanta充実のタイルコーナー

張り切ってスタート!            Leroy Merlin Constanta充実のタイルコーナー

午後遅く、全員そろってホームセンターLeroy Merlin Constantaへ。郊外の大きなそのお店に入るやいなやメンバー全員テンションがあがる、あがる!さすがDIYが発達しているとあって塗料の種類や色数は豊富、壁紙もフリースタイプなど張りやすいものがそろっている。柄も多彩でわくわくしてくる。設備関係も日本から見ると輸入品によくあるおしゃれなものもたくさんそろっている。額やクッション、窓周りのファブリックもある。物価が高めのヨーロッパだが、リーズナブルに感じるものも多い。キッチンや建具なども自分でつけてしまう人も多そうだ。日本だと問屋が扱っているようなものがドカンとおかれている。アメリカもそうだった。家のことってコツと段取りと物の特性がわかると結構自分でもできるものなのだ。その後、隣にあったIKEAへ。

こうして材料の調達を終え今回のプロジェクトのヤマ場を迎えることになった。

みんな本気だ!笑

考えてみたら、誰一人事前に打ち合わせも相談もしていない。今の今までほかの人がどんな感じにするか想像すらしていなかった。あらかた完成し、その時初めてほかのメンバーの部屋を覗いてみる。
ダイナミックな色使い、高い天井を生かしたしつらえ・・・みんな本気だ!笑
特に江口会長の本気度は、皆の目つきを変えた!ここがバルセロナだと忘れるくらいだ。それぞれが納得できるまで手を尽くすことになる。ここからまたスイッチが入ったのだ。こういうことも、同業者どうし一斉に同じ場で仕事をする相乗効果、だといえそうだ。
早速ひとつずつ紹介しよう。まずは今回のリーダー、竹内氏から一言!

竹内康彦近影

————————————————————
はじめに
昨年、70才を迎えた私、竹内はこれまで3度訪れた、
お気に入りのバルセロナに一人旅でペンションCasa de Barcaオーナーの岡崎さんと出会いました。
格安なペンションですが立地が良くバルセロナ観光にはとても良いところでしたが部屋は飾りっ気がなく白い壁にベッドが置かれ、まるで病院の様でした。
日頃、建築・インテリアコーディネーターとしての仕事にかかわっている私としての提案で岡崎さんのご協力をいただき、JAFICA企画として実現できましたことを感謝いたします。
————————————————————

ビフォーアフターコンセプト

Case 401号室 片柳 通行

 「地中海の青」
地中海に面した街のイメージカラーはターコイズブルー。
天井の高い白い壁の部屋には、
幅は狭いが高さのあるガラス戸から明るい光が広がっている。
部屋の真ん中には、黒い洗面台と黒ぶちの鏡が部屋に馴染んでいない。
洗面台の横に棚を設置。洗面台の色に合わせて黒のオイルステンで塗装するが、木の優しさで黒い塗装が馴染んでくれる。棚受けをアイアンにしたのは、バルコニーのアイアンとのマッチング。あとは、青い雑貨とターコイズブルーに塗装した椅子で、地中海のイメージが出来上がった。

アルバムに、旅の思い出を残そう…

401号室 片柳 通行作品

片柳通行  https://www.facebook.com/michiyuki.katayanagi

Case 402号室 渡邊 泰博

インテリアにはストーリー(物語)があると思っています。今回江戸時代の女性(ひと)がタイムスリップして、バルセロナのこの部屋に滞在したと想定しました。

各々のインテリア素材の持つ意味

絵画: 日本女性を描くことで抜きんでた才能を持つ上村松園作 序の舞と母子です。きりっとした美しさ、日本女性の良さを訪れたお客様に感じて頂きたいと思いました。

手ぬぐい: 衣へんを集めた漢字 衣を身に着けた美しさ大事さを感じていただきたい。

ベッド上 七宝: 無限につながっていく様を表します。

窓上 つなぎ目: このホテルの宿泊者が、人の縁を増し、その縁が広がっていく様にとの思いを込めました。

棚上1、2: 日々生かされている喜びを暮らしの中に日々の行事の折々を大事にしてきました。また旅、江戸時代では、お伊勢参りが旅の中心でした。この地域で教会巡りが、神とつながっている事を意識してもらいたい。

テーブル上の手ぬぐい: 松の葉、洗面のまきすと花生け松と竹でおめでたい事の象徴です。梅をはずして、満つれば欠けるの厄除けをしています。

窓の深緑のテキスタイルはお茶の緑デ自然と共に生きる素晴らしさを表現しました。

総じて、集約すると、この客室に泊まられたお客様を迎えるホテルのホスピタリティ・お客様を大事に思うオ-ナーご夫妻の心を表現しました。

渡邊泰博 渡邊綜合建築事務所

渡邊泰博 渡邊綜合建築事務所 http://www.kenchikunavi.ne.jp/220354

Case3 403号室  野中 欽一

バルセロナで朝食を 〜朝の光に包まれて〜

朝の光が柔らかく入ってくる室内。
窓を開けるとバルセロナの街並みが楽しめる。
そんな部屋で過ごす朝、旅の疲れがとれた清々しい一日の始まり。
部屋のドアを開けると正面に見えるレンガの壁をアクセントに、華やかさがあるフラワーボックスを添えて。
白を基調とした部屋の中で気品とロマンティックさのあるブルーのラインを入れてエレガントさをプラス。
装飾のボリュームを抑え気味に、そこで過ごす自分(旅人)が朝食をとったり、窓の外を眺めながら物思いにふけって居たり……
こんなシーンがとても絵になる部屋を想像しました。
人が居て完成するコーディネートを心がけてみました。

野中欽一  https://www.facebook.com/yoshikazu.nonaka.5

野中欽一  https://www.facebook.com/yoshikazu.nonaka.5

Case4 404号室 江口 惠津子

エスパーニャムラサキ 艶やかな気品を仏像の微笑みに込めて。
ポイント1 フォーカルポイントに擬似窓

天井高3600を活かし正面の明るい場所に大開口の擬似窓を設置。目が止まる場所を奥に設置することにより、部屋の奥行きを感じて頂けるマジックです。カーテンの奥に紫色の仏像の画像を忍ばせチラ見の美学を実践しました。

ポイント2 紫色のグラデーション

気品と艶やかさの紫色でコーディネート。異国の部屋で、家庭にいるような安堵感と、ワクワクする心の躍動感を同時に感じていただけるようなインテリアカラーを心掛けました。

ポイント3 フレシキブルデザイン

紫色のロングカーテンで、仏像のチラ見度合いをフレシキブルにご自分で調整して頂けます。その日の気分で部屋の雰囲気を変えられるデザインは、長期滞在にも対応可能です。

ポイント4 家族のようなおもてなし

オーナーご夫婦のお人柄が伝わるように気品があり、温かいインテリアで素材をまとめました。艶やかな落ち着きある空間で、くつろいで頂けたら幸いです。また、掃除しやすいようになるべく床に置く物を減らしました。フラワーデザインはフェイクにして、デザインが変わらぬように、扱いやすいようにいたしました。

江口恵津子ブログ http://verlog.blog18.fc2.com/blog-entry-633.html

江口恵津子ブログ http://verlog.blog18.fc2.com/blog-entry-633.html
(株)ヴェルデッシモ http://www.verdissimo.jp/information/

Case 5&6 406号室410号室 竹内 康彦/高木 優介

コンセプト
地中海、スペインの大地、情熱、ガウディ、・・・
バルセロナの風土を感じ、宿泊された方の感動、癒しを感じる部屋にすることで地中海の青とスペインの土のオレンジ色を使い天才建築家ガウディの代表作サグラダファミリア、奇岩が連なる不思議なパワースポットの山モンセラートのスケッチ画を壁面に描き、洋服掛や洗面の棚、タオル掛など機能面の充実を図ることをテーマとしました。

自然住宅株式会社弾1

自然住宅株式会社弾2

自然住宅 株式会社 弾 http://www.casa-dan.jp/

Case8 407号室  田崎 由美子

恋するお部屋です♪

『旅』って日常?
それとも非日常でしょうか。
それって滞在するお部屋で変わってくるはず。

とびきりのバルセロナを過ごすための
いつもとは違う自分になれる

街に
ガウディに
おいしい食べ物に
サッカーに
そして …
朗らかな人びとに
恋するお部屋です♪

田崎由美子 https://www.facebook.com/yumiko.tasaki.7

田崎由美子 https://www.facebook.com/yumiko.tasaki.7

Case7 409号室  吉岡 恭子

「世界は一つ」
青い空、青い海、差別のない温かい人達の住むバルセロナ。我が街、香川県高松市とバルセロナ、2つの街を繋ぐ、世界を繋ぐ、空や海に因んでテーマカラーはブルーにしようと決めた。ola(こんにちは)やgracios(ありがとう)が何処に行っても交わされる素敵な習慣が印象的で、それも表現したかった。そこで世界各国のありがとうとこんにちはを壁に書き込んだ。相手への思いやりの言葉、交わすことで仲良くなれる言葉。世界は一つ。世界中の人々が平和である事を願って。

吉岡 恭子作品

Case9■405号室 松本 佳津

地球は丸く、ボールも丸く、旅は出会い、そして縁

 

宿泊者の多くがサッカー観戦をかねての日本人女性が多いとのことだったので

サッカーボールの 〇 をモチーフに壁にアクセント。

ちょっとふわりと感じる空間です。ベッドに横になり壁を見ているとすっと眠りに入れるはず。スムーズな入眠が旅の質を良いものにします。

ベッド周りはFCバルサカラーを意識してのコーディネート。

試合前も、後も、楽しさを倍増する心はやる空間を。

地球は丸く、ボールも丸く、旅は出会いそして、縁。

また、誠実なオーナー様自ら補修等もやるとのことだったので、自身でもできるお手軽リノベーションでまとめてみました。

レイアウトを整え、棚やフック、脱衣BOXを新設し旅の拠点として快適に過ごせるよう充実を図りました。

旅のご縁がいつまでもどこまでもつながり続きますように。

松本佳津のデラックスエブリディ http://ameblo.jp/matsucoming/

松本佳津のデラックスエブリディ http://ameblo.jp/matsucoming/

インテリアから目が離せない!

インテリアって、あらためてすごい。すごいって思った。

インテリアには正解がなく、多彩で、楽しくて、かわいくて、かっこよくて、可能性に満ちている。あらためて、インテリアのチカラを体感した今回のツアー、何よりも岡崎オーナーご夫妻がとても喜んでくださり早速動画をユーチューブにアップ、またブログにも詳しく掲載していただいた。本当に素晴らしいチャンスをありがとうございました!

しかし、ここで終わらないのが、JAFICAのベテランメンバー。すでに、来年の構想を考えているようだ。こうご期待!インテリアコーディネーターにとってこれが次のステップにつながり、ここカサデバルサもまた来年リニューアルしてもおもしろいのではないかと思っている!インテリアを基軸にしたプロジェクト、世界への展開、我々インテリアの世界の今後の展開がとっても楽しみだ!

今年も、これからもインテリアから目が離せない!

(各メンバー、ブログ、FB等に詳しくアップされています。ぜひそちらもご覧ください。)

■今回舞台となったスペインバルセロナのペンション

カサデバルサ  http://www.casadebarca.com/index_j.html

速報!改装プロジェクト (YOUTUBE)https://www.youtube.com/embed/muy7C_kvaqI

カサバル通信 詳細レポート http://casabar.blog.fc2.com/blog-entry-163.html

JAFICA at カサデバルサ

JAFICA at バルセロナ

JAFICA at バルセロナ2

JAFICA at バルセロナ3

JAFICA at バルセロナ4

おまけ!バルセロナおすすめスポット

竹内康彦(たけうちパパ)
やっぱりガウディ
何度訪ねても、感動のサグラダファミリアです。

江口 惠津子(えっちゃん エッツ JAFICA会長)
私もサグラダファミリアです。26年前、テレビ番組を偶然見て外尾悦郎さんを知りこの仕事を始めるきっかけを頂きました。憧れの場所でずっと片想いしていた人にお会いできました。

高木優介(メッシボーイVol.1)
僕も、同じくサグラダファミリアです(^^)朝、昼、夜。いつみても、違った空気間を漂わせるサグラダファミリアは、やはり心と目に焼きつきました!

田崎 由美子(ゆみゆみ)
早くいっとかないと被っちゃう(笑)わたしはカサバトリョ!吹抜けのホールのタイルは
海の中にいるような演出は映画のようなデザインです

吉岡 恭子(ビューティきょうこ)
モンセラット!!心が洗われる神聖な気持ちになります。実は着いてから暫く頭痛が続いたのですが、霊的な何かを感じる時の私のいつもの現象。パワースポットというのは本当だと思いました。我々、間違いなくパワーアップしていると思います!
あ、あそこバルセロナでしたっけ?(← こういうのがビューティーきょうこ らしい 笑)

 野中 欽一(ビッグベン)
僕はスーパースター、マイコーに会った凱旋門!何故か落ち着く場所でした。普段の散歩コースにオススメです

片柳 通行(つーくん メッシボーイVol.2)
世界一のクラブチームを世界一のサッカー通が熱狂!FCバルセロナのホームスタジアム、カンプノウ。

渡邊泰博(ワタナベクン)
1 サグラダ・ファミリア ドグラスからの光に包まれた空間は感動そのものです。
ほかに カ-サみら・カ-サバトリョ  グエル公園 カタル-ニャ広場からランブラス通り カタルーニャ音楽堂・・・

松本佳津(かずまま)
私もやっぱりガウディ サクラダ・ファミリア!圧倒されました。しかしあの心地よさは何だろう。建築、空間の細部にわたり作り手の息遣いを感じられ、すごく大切だと再認識!

また絶対に行きたい!完成に立ち会いたい!

(おまけ)松本昇
カサデバルサにほど近い中華料理屋 『丈母娘』の麺。安くておいしい。おすすめです。

 

松本佳津 株式会社マツドットコムアイエヌジー取締役。 インテリアデザイナー&コーディネーター。 愛知淑徳大学メディアプロデュース学部 教授。 住宅、クリニックデザイン、施工、プロモーションまで、ライフスタイル・インテリアをトータルに提案。 ブログ:松本佳津WAKUWAKUインテリア@JAPAN http://ameblo.jp/matsucoming/

松本佳津
株式会社マツドットコムアイエヌジー取締役。
インテリアデザイナー&コーディネーター。
愛知淑徳大学メディアプロデュース学部 教授。
住宅、クリニックデザイン、施工、プロモーションまで、ライフスタイル・インテリアをトータルに提案。
ブログ:松本佳津WAKUWAKUインテリア@JAPAN
http://ameblo.jp/matsucoming/

;

記事の更新情報はFacebookでチェック!

ピックアップ記事

  1. バタフライスツール

    2017-2-10

    バタフライスツール【デザイナーズチェアデータベース】

    [table id=38 /] 【インテリアデザインと椅子】 なんといっても、この椅子の魅力…
  2. 刷毛で書いた風の矢印

    2017-2-3

    刷毛で書いた風の矢印イラスト【無料ダウンロード素材】

    使える手描き風矢印イラストの無料ダウンロード素材。第三弾は刷毛でザザッと描いたような力強いタッチのも…
  3. スマホに潜む危険

    2016-11-25

    情報の宝庫”スマホの隠れた危険とは?

    プライバシーが危ない! 日常にひそむセキュリティの盲点 【第1回】 メールでの連絡、SNSを使った…

建プロショップのお知らせ

”切り抜き樹木・花の無料ダウンロード"
ページ上部へ戻る