松本佳津さん

【マツドットコムアイエヌジー 松本佳津さん】大学教授として愛知淑徳大学で教鞭をとっているインテリアコーディネーターの松本佳津さん(株式会社マツドットコムアイエヌジー)。「ガールズリノベ塾」というリノベーション講座の主宰もされているので、「学究の徒」かと思いきや、数々の物件もこなしている現場の人でもあります。インテリアの世界を縦横無尽にかけ続ける松本さんのサクセスストーリーを伺いました。

―キャリアのスタートからインテリア業界だったのでしょうか?

松本:大学こそ美術大学で空間デザインを専攻していたんですが、最初に就職したのは小売業の「マルイ」で、しかも販売促進部門だったんですよ。そこでプロモーションに関する仕事をやっていました。看板とかPOPとか広告宣伝とかです。そんなわけで東京の大学を出てそのまま東京の会社に就職したわけです。その後、建設土木業をやっていた父が病気になったのがきっかけで愛知の実家に戻ることになりまして、建築への関わりはそこからがスタートですね。

―ご実家とはいえ、畑違いの業界に飛びこまれたんですね。

松本:最初は母の手伝いで経理業務をやっていたんですが、根っからの右脳人間なのでぜんぜんだめでした。そこでなにか役に立てることを、ということで当時人気が高まってきていたインテリアコーディネーターの資格を取得したんです。でもインテリアコーディネーターという職種は一般には全然知られていなかったですし、私自身が実務をまったくやったことがなく自己流での手さぐりでした。その後紆余曲折あり今の会社を立ち上げたとき、インテリアコーディネートを切り口にしようと思い、インテリアコーディネーター同士で集まって情報交換することで、認知度もスキルもアップできるだろうと考えて、愛知県下でインテリアコーディネーターネットワークを立ち上げたんです。

―経験の少ないご自身が中心となって、というのがすごいパワーですね。

松本佳津さん

松本:ある方から「情報は発信した人に集まる」と言われ、とにかく何か発信していこうというスタンスでした。事実、スタートしてみると賛同してくださる方がどんどん加わってくださって、びっくりしました。インテリアコーディネーターの大先輩から参加のメールが届いた時にはほんとうに感動しました。このネットワークを通じて多くのインテリアコーディネーターと出会うことができましたし、いろんな仕事のスタンスについて情報を交換することもできました。

インテリアコーディネーターネットワークを立ち上げた時の新聞記事

インテリアコーディネーターネットワークを立ち上げた時の新聞記事

―『インテリアコーディネーターは情報発信業』と提唱している松本さんのまさに原点ですね。ここからインテリアコーディネートの仕事が広がっていったということですね。

松本:そうですね。この後も情報発信の大切さはたくさん経験してきました。自分の手掛けたい仕事にフォーカスしてホームページやSNSで情報発信をし続けると、そのとおりの仕事が回ってきたり、紹介されたりするんです。そこでいい仕事ができれば次につながっていくんですね。

―参考になるような事例を紹介していただけますか?

松本:2007年ごろのことですが、ミクシを通じてお仕事の依頼がきたんです。当時、ブログとミクシで施工事例やインテリアコーディネートについて情報発信を続けていたんですが、ミクシで「愛知 インテリアコーディネーター」というキーワードで私のことを見つけて連絡してこられたんですね。これから開業されるドクターの方でしたが、『建築士の言っていることがイメージできないので相談に乗ってほしい』とのことでした。その頃はまだインターネットで仕事の依頼があるような時代ではなかったので、半信半疑でお話をうかがったんですが、設計プランをもとにイメージパースをお出ししたら、『ぜひお願いしたい』ということになりました。そのドクターとは今も懇意にさせていただき、お仕事もご紹介いただいてます。

実際に提案したプレゼンパースの一つ。(3DマイホームデザイナーPROで作成。)

実際に提案したプレゼンパースの一つ。(3DマイホームデザイナーPROで作成。)

 

ミクシィでつながったドクターからご紹介いただいたクリニックのインテリアコーディネート事例

ミクシィでつながったドクターからご紹介いただいたクリニックのインテリアコーディネート事例

―情報発信が大切ということを、言葉だけでなく現実のものとして体現していらっしゃるんですね。

松本:いろんな巡り合わせがあったり、運が良かったな、と思うことはありますが、やっぱり自分から発信し続けることが、発端になったんだと思います。大学教授のお仕事も、きっかけはこのネットワークからなんですよ。そのおひとりから「今どきのインテリアの現場を知っていて、大学で教えられる人を紹介してほしい!」という打診があり、「それ、わたしじゃだめ?」って聞いたのが発端です。大学で教えたいと常々思っていたのでお話だけでもありがたいと思っていたのが、教授での採用となりました。これにはさすがに驚きましたけど、インテリアの愉しさ、重要性、可能性を次世代につなげる大きな使命をいただいたんだと解釈しています。学生は皆、すごいポテンシャルがあるし、インテリアのチカラをよくわかっているんですよ。これからが本当に楽しみです。

―しっかりとした仕事をして、それを発信し続けることのチカラを改めて実感しました。本日は、ありがとうございました。
松本佳津さんの情報発信術の詳細は、こちらのページで公開しています。
http://success-interior.jp/matsumotokazu01/

記事の更新情報はFacebookでチェック!

ピックアップ記事

  1. バタフライスツール

    2017-2-10

    バタフライスツール【デザイナーズチェアデータベース】

    [table id=38 /] 【インテリアデザインと椅子】 なんといっても、この椅子の魅力…
  2. 刷毛で書いた風の矢印

    2017-2-3

    刷毛で書いた風の矢印イラスト【無料ダウンロード素材】

    使える手描き風矢印イラストの無料ダウンロード素材。第三弾は刷毛でザザッと描いたような力強いタッチのも…
  3. スマホに潜む危険

    2016-11-25

    情報の宝庫”スマホの隠れた危険とは?

    プライバシーが危ない! 日常にひそむセキュリティの盲点 【第1回】 メールでの連絡、SNSを使った…

建プロショップのお知らせ

”切り抜き樹木・花の無料ダウンロード"
ページ上部へ戻る