インテリアをきらめかせるキッチン「INOキルト」:まちデコール×トーヨーキッチンスタイル

トーヨーキッチンスタイル大阪

『「住む」をエンターテインメント』をコンセプトにして、様々なライフスタイルに合わせたキッチンとインテリアを提案しているトーヨーキッチンスタイルの大阪ショールームを訪ねました。

まちデコール2017に参加している同店では、今年のまちデコールの目玉として、9月21日に発売されたばかりの新製品「INOキルト」を展示中。

【INO キルト】

【INO キルト】

INOキルトは、鏡面のように磨き上げられたステンレスにキルト生地のようなデザインを施したプレミアムなキッチンです。
傷が付くのを嫌ってマットな仕上げのステンレスキッチンが主流の昨今ですが、INOキルトでは敢えて鏡面仕上げにこだわり、そこに緻密な凹凸を施して、インテリアに映えるなんともキラキラと美しいキッチンを生み出しました。

きらめくように美しいINO キルトのワークトップ。

きらめくように美しいINO キルトのワークトップ。

このキルト表現はワークトップからシンク内部までシームレスにつながっており、美しいキッチンに対するこだわりを感じさせます。

美しいキッチンは、流される水まで美しい。
所有する喜びを隅々まで感じてもらえるように、シンクを流れ落ちる水のきらめきまで見せるデモンストレーションにしばしため息。

シンク内までシームレスに続く鏡面仕上げは、流れる水まで美しい。

シンク内までシームレスに続く鏡面仕上げは、流れる水まで美しい。

INOキルトの前には、こちらも新製品のダイニングテーブル「オリガミ」が展示されています。

ガラストップを通して見える脚部のデザインが特徴的なオリガミ。

ガラストップを通して見える脚部のデザインが特徴的なオリガミ。

12mmの厚みを持つガラストップを支えるのは、まさに折り紙のようなデザインのステンレスの脚部。
透明度の高いガラストップならではの、脚部まで魅せる美しいダイニングテーブル。
セットされているチェアはマスターズ(伊)。
曲線で構成されたデザインと、直線的な「オリガミ」とのデザインが不思議なくらいマッチしています。

INOキルトのきらめき、オリガミのエッジ。
この見応えのあるインテリアキッチンを、トーヨーキッチンスタイル大阪ショールームでご確認ください。

トーヨーキッチンスタイル
http://www.toyokitchen.co.jp

まちデコール公式ホームページ
http://machi-decor.com/

大阪インテリアショールームガイド
大阪インテリアショールームガイド目次はこちら

ページ上部へ戻る