インテリアとして、幅広い世代の方に花・緑に親しんでほしい:まちデコール×日比谷花壇

日比谷花壇 大阪 UTSUBO CHOCOLATE

日比谷花壇と言えば、誰もが知っている花と緑に関するリーディングカンパニーです。
生花はもちろんのこと、ドライフラワーやプリザーブドフラワーなど、多種多様なスタイルで花を楽しめる製品を取り扱っています。
まちデコール会期中、10月10日~12日の三日間、普段はミーティングスペースになっているスペースを一般開放し、「夜活フラワーレッスン」としてワークショップを開いています。

日比谷花壇のエントランス。

日比谷花壇のエントランス。

 

日比谷花壇 まちデコール ワークショップ会場へ

ワークショップ会場は、普段は商談スペースなので、一般の方はちょっと入りにくいかも。

今回のワークショップでは、『フローラルハーバリウム(植物標本)』を自分で作ってみようというイベントを開催。
フローラルハーバリウムは、プリザーブドフラワーをガラスのボトルに入れてオイルを注入し、植物をみずみずしく見せながら保存性を高めたインテリアアイテムです。
ワークショップは、いろいろ用意されたプリザーブドフラワーの中から、自分の好みの花や植物をチョイスしてボトルに詰め、インテリアに気軽に花や緑を取り込んでもらおうという趣向です。

まちデコール2017のワークショップは、10月10日、11日、12日の三日間。
10月11日現在、まだ若干の空きがあるとのことですので、ご興味のある方は日比谷花壇までお問い合わせください。
株式会社日比谷花壇
大阪市西区靭本町1-13-9 UTSUBO CHOCOLATE 2F
06-6444-5741

ハーバリウムは、今若い世代を中心に人気のインテリアアイテム。
オイルを入れて封入することで、プリザーブドフラワーを色鮮やかでみずみずしいままに、長期間インテリアとして楽しめます。

『Healing Bottle(ヒーリングボトル)』

これが『フローラフハーバリウム』です。

 

こちらはプリザーブドフラワーを使った色鮮やかな『Healing Bottle(ヒーリングボトル)』。

プリザーブドフラワーを使っているのでシンプルなものから色鮮やかなものまで多様な花や緑が楽しめます。

 

このフローラルハーバリウムなら、生の花は枯らしてしまうので苦手、という方でも安心して、花の美しさ、自然の持つ癒しを気軽にインテリアに取り込めます。

まずはフローラルハーバリウムで花や緑の美に親しんでもらい、いつかは生花にもチャレンジしてもらえれば・・・
そんな思いも込めて、このワークショップを開催しているとのこと。

ワークショップでは、老若男女、みなさん楽しくヒーリングボトルを自作されていました。

ワークショップでは、老若男女、みなさん楽しくフローラルハーバリウムを自作されていました。

 

日比谷花壇では、フレッシュドライ加工という、よりみずみずしい外観を保ったドライフラワーを使用したハーバリウム『Healing Bottle(ヒーリングボトル)』も取り扱っていて、日比谷花壇の通販サイトで購入できます。
生花は自信がないけれど、花や緑をインテリアに取り入れたい、という方は、このハーバリウムを飾られてはいかがでしょうか。

日比谷花壇公式サイト
http://www.hibiyakadan.com

『Healing Bottle(ヒーリングボトル)』のページ
http://www.hibiyakadan.com/healingbottle/

まちデコール公式ホームページ
http://machi-decor.com/

記事の更新情報はFacebookでチェック!

ピックアップ記事

  1. 東京インテリア家具大阪本店

    2017-6-8

    ワンランク上のインテリアををリーズナブルな価格で:東京インテリア家具 大阪本店

    人にやさしい、地球にやさしい、そしてお財布にもやさしいインテリアの販売を基本理念として、創業以来50…
  2. 矢印イラスト「リボンスタイル」

    2017-2-8

    ポップなデザインの矢印イラスト「リボンスタイル」【無料ダウンロード素材】

    プレゼンボードや各種レポートなどに使える矢印イラストのポップデザインシリーズ。 第一弾は、リボンを…
  3. 刷毛で書いた風の矢印

    2017-2-3

    刷毛で書いた風の矢印イラスト【無料ダウンロード素材】

    使える手描き風矢印イラストの無料ダウンロード素材。第三弾は刷毛でザザッと描いたような力強いタッチのも…

建プロショップのお知らせ

”切り抜き樹木・花の無料ダウンロード"
ページ上部へ戻る