iPadと連携できるレーザー距離計

インテリアコーディネートやリフォームの現場調査での採寸にレーザー距離計はとても便利です。
大きな間口に廻縁を取りつける時など、コンベックスでは垂れてしまうので一人では測定できませんが、レーザー距離計なら簡単かつ正確に測定することが可能です。
この便利なツールがiPadと連携することでさらに仕事が楽になります。

ということで、ITに強い埼玉の工務店、株式会社DSKの成田さんに製品をレビューしてもらいました。

株式会社DSK 成田孝満社長

株式会社DSK 成田孝満社長

株式会社DSKの成田さんはリフォームの現場でiPadを使いこなしているIT派の工務店。レーザー距離計も現場調査の際に愛用していますが、iPadと連携できればおもしろいのに、と常々思っていたとのこと。
そこで、今回発売されたばかりのライカジオシステムズ社DISTO D110を試してもらいました。

旧モデルとの比較

同じライカジオシステムズ社の旧モデルとの比較

最新モデルDISTO D110はとてもコンパクトになっています。
「今使っているのはライカさんの旧モデルなんですが、すごく小さくなって測定も瞬時にできるようになったのがいいですね」
と成田さん。

施工現場にて

施工現場で実際にDISTO D110を使う成田さん。

「現場では高いところや狭いところで測定することも多いので、小さいということはそれだけでメリットですね。」
旧モデルに比べて取り回しがしやすいので、このような高い位置での測定も楽々の様子。

下見間取り作成

iPadで入力状態を確認しながら距離を計ります。

そして、このレーザー距離計の最大の特長がiPadとの連携です。DISTO D110とiPadは無線で接続でき、測定した距離が即座にiPad内の図面アプリに記録されるのです。これさえあれば、手書きでメモする必要はありません。

アプリ「MagicPlan」の操作画面

アプリ「MagicPlan」の操作画面

これはDISTO D110と連携できるiPadアプリ「Magic Plan」の画面です。レーザー距離計で測定した数値を図面に記録すると、その数値に連動して図面のサイズも変更されるので、ラフに部屋を描いておいても、レーザー距離計の数値をもとに正確な現地調査図を作成できます。できあがった図面は他の資料と合わせてすべて愛用のiPadに保管されるので、資料の散逸もありません。成田さんのiPad活用法がまたランクアップしたようです。

ライカジオシステムズ社のホームページ
http://www.leica-geosystems.co.jp

DISTO D110のページ
http://www.leica-geosystems.co.jp/jp/Leica-DISTO-D110_105308.htm

 

記事の更新情報はFacebookでチェック!

ピックアップ記事

  1. 東京インテリア家具大阪本店

    2017-6-8

    ワンランク上のインテリアををリーズナブルな価格で:東京インテリア家具 大阪本店

    人にやさしい、地球にやさしい、そしてお財布にもやさしいインテリアの販売を基本理念として、創業以来50…
  2. 刷毛で書いた風の矢印

    2017-2-3

    刷毛で書いた風の矢印イラスト【無料ダウンロード素材】

    使える手描き風矢印イラストの無料ダウンロード素材。第三弾は刷毛でザザッと描いたような力強いタッチのも…
  3. スマホに潜む危険

    2016-11-25

    情報の宝庫”スマホの隠れた危険とは?

    プライバシーが危ない! 日常にひそむセキュリティの盲点 【第1回】 メールでの連絡、SNSを使った…

建プロショップのお知らせ

”切り抜き樹木・花の無料ダウンロード"
ページ上部へ戻る