「イギリス人を悩ませる住宅問題」:Kozue Garnerのロンドンインテリア通信【第二回】

ロンドンインテリア通信【第2回】

イギリス人の住まいに対する熱い思いにびっくりした私ですが、日本から来た私にとって一番驚いたのは、家の値段が上がること! 日本では、不動産価格は古くなれば古くなるほど価格が下がりますが、イギリスでは違います。
イギリスでは、家は「住まい」+「投資」なのです。

こちらでは新築の建売住宅より築100年の家のほうが人気で、価値の上昇のしかたも違います。

こちらは新築物件。但し豪邸です。日本円にして3億2千万円!

こちらは新築物件。但し豪邸です。日本円にして3億2千万円!

こちらは築100年ぐらいの中古で、屋内はリフォーム必須の物件ですが、上の新築と価格はほぼ同じなんです!

こちらは築100年ぐらいの中古で、屋内はリフォーム必須の物件ですが、上の新築と価格はほぼ同じなんです!

程度の差こそあれ、長期的には必ず不動産価格は上がると考えられているのです。

実際、1996年に、私たち夫婦は西ロンドンで2ベッドルームのフラットを購入しかけましたが、夫のガーナ転勤があって断念しました。4年後に、同じ建物の2ベッドルームのフラットの価格が以前の約3倍になっているのを発見し、いすから転げ落ちそうになりました。その後も住宅価格は高騰し、現在約867万の人口と言われるロンドンでは、家を購入するのがとても難しくなっています。

次のページ>新聞やテレビで取り上げられるロンドンの住宅問題

ページ:

1

2 3 4
;

記事の更新情報はFacebookでチェック!

ピックアップ記事

  1. バタフライスツール

    2017-2-10

    バタフライスツール【デザイナーズチェアデータベース】

    [table id=38 /] 【インテリアデザインと椅子】 なんといっても、この椅子の魅力…
  2. 刷毛で書いた風の矢印

    2017-2-3

    刷毛で書いた風の矢印イラスト【無料ダウンロード素材】

    使える手描き風矢印イラストの無料ダウンロード素材。第三弾は刷毛でザザッと描いたような力強いタッチのも…
  3. スマホに潜む危険

    2016-11-25

    情報の宝庫”スマホの隠れた危険とは?

    プライバシーが危ない! 日常にひそむセキュリティの盲点 【第1回】 メールでの連絡、SNSを使った…

建プロショップのお知らせ

”切り抜き樹木・花の無料ダウンロード"
ページ上部へ戻る