「イギリス人を悩ませる住宅問題」:Kozue Garnerのロンドンインテリア通信【第二回】

ロンドンインテリア通信【第2回】

イギリス人の住まいに対する熱い思いにびっくりした私ですが、日本から来た私にとって一番驚いたのは、家の値段が上がること! 日本では、不動産価格は古くなれば古くなるほど価格が下がりますが、イギリスでは違います。
イギリスでは、家は「住まい」+「投資」なのです。

こちらでは新築の建売住宅より築100年の家のほうが人気で、価値の上昇のしかたも違います。

こちらは新築物件。但し豪邸です。日本円にして3億2千万円!

こちらは新築物件。但し豪邸です。日本円にして3億2千万円!

こちらは築100年ぐらいの中古で、屋内はリフォーム必須の物件ですが、上の新築と価格はほぼ同じなんです!

こちらは築100年ぐらいの中古で、屋内はリフォーム必須の物件ですが、上の新築と価格はほぼ同じなんです!

程度の差こそあれ、長期的には必ず不動産価格は上がると考えられているのです。

実際、1996年に、私たち夫婦は西ロンドンで2ベッドルームのフラットを購入しかけましたが、夫のガーナ転勤があって断念しました。4年後に、同じ建物の2ベッドルームのフラットの価格が以前の約3倍になっているのを発見し、いすから転げ落ちそうになりました。その後も住宅価格は高騰し、現在約867万の人口と言われるロンドンでは、家を購入するのがとても難しくなっています。

次のページ>新聞やテレビで取り上げられるロンドンの住宅問題

ページ:

1

2 3 4

記事の更新情報はFacebookでチェック!

ピックアップ記事

  1. テシード東京ショールーム

    2017-5-16

    インテリアを彩る世界各国の壁紙やファブリックを日本に紹介:テシード東京ショールーム

    日本のインテリア空間がより魅力的なるように、世界各国の様々な壁紙やファブリックを紹介、販売しているの…
  2. 矢印イラスト「リボンスタイル」

    2017-2-8

    ポップなデザインの矢印イラスト「リボンスタイル」【無料ダウンロード素材】

    プレゼンボードや各種レポートなどに使える矢印イラストのポップデザインシリーズ。 第一弾は、リボンを…
  3. 【部屋別】インテリア写真撮影講座:セルコホーム編その2

    2016-4-25

    天井のデザインで魅せる撮影術

    【インテリアコーディネーターが教える!部屋別インテリア写真撮影講座:セルコホーム編その2】付け梁や折…

建プロショップのお知らせ

”切り抜き樹木・花の無料ダウンロード"
ページ上部へ戻る