Kozue Garnerのロンドンインテリア通信【第一回】:「イギリスの住宅事情とイギリス式リフォーム」

ロンドンインテリア通信【第一回】

日本生まれで英国在住、ロンドンでソフトファニシングデザイナーとして活躍しているガーナー こづえさんが、ロンドンのインテリアの「今」を伝える楽しいレポートです。
記念すべき第一回は、ロンドンっ子のインテリアに対する思い入れとインテリアショップについて紹介していただきます。


お隣の南米手長ザルのウホウホという鳴き声で目を覚ますのが日常だった幼少期を神戸で過ごし、ワーキングホリデーでオーストラリア一年間、イギリス人の夫の仕事について西アフリカ ガーナで約二年間を経て、今はロンドン歴18年です。
初めまして。ガーナー こづえと申します。
こんな私がロンドンからお届けするゆるゆるなインテリア通信。よろしくお願い致します。

【わたしについて】

私は現在、ロンドンでインテリアの仕事をしていますが、実は日本はで全く業界経験がありません。
そんな私がどうして?とよく聞かれます。
思えば、母が洋裁をしていて、子どもの頃から布に囲まれた毎日でした。そんな母の影響もあるのか、子どものころから布が大好きでした。
前述の通り、ガーナからロンドンに戻り、フラット(日本で言うところのマンション)購入後、カーテンが必要になりました。
義母に勧められて、イギリス流にカーテンを自作することに。本を頼りに見よう見まねしたが、その作り方にびっくり。さらに布を買いに行ったデパートでのインテリア生地の売り場の広さ、豊富さにもびっくり。

広大なカーテン生地売り場

広大な売り場には多種多様なカーテン生地がびっしり並んでいます。

イギリスでは、こういった布のインテリアはソフトファニシングと呼びます。この、ソフトファニシングの魅力に取りつかれ、すぐに地元カレッジのソフトファニシングのコースに入学。
途中、二人目の子供の出産、育児で中断がありましたが、計5年通い、Cuty&Guild, Diploma(英国の職業教育機関による技術レベル認定)を取得し、卒業後、個人事業としてMisty Interiorを始めて8年が経ちました。

次のページ>イギリスの住宅事情について

ページ:

1

2 3 4
;

記事の更新情報はFacebookでチェック!

ピックアップ記事

  1. バタフライスツール

    2017-2-10

    バタフライスツール【デザイナーズチェアデータベース】

    [table id=38 /] 【インテリアデザインと椅子】 なんといっても、この椅子の魅力…
  2. 刷毛で書いた風の矢印

    2017-2-3

    刷毛で書いた風の矢印イラスト【無料ダウンロード素材】

    使える手描き風矢印イラストの無料ダウンロード素材。第三弾は刷毛でザザッと描いたような力強いタッチのも…
  3. スマホに潜む危険

    2016-11-25

    情報の宝庫”スマホの隠れた危険とは?

    プライバシーが危ない! 日常にひそむセキュリティの盲点 【第1回】 メールでの連絡、SNSを使った…

建プロショップのお知らせ

”切り抜き樹木・花の無料ダウンロード"
ページ上部へ戻る