たった5%で変わるインテリア:「やさしさのピンク」編

カラーコーディネートでつくる心地よいインテリア第二回

たった5%で変わる~カラーコーディネートでつくる心地よいインテリア~第2回
「ピンク」のインテリア、やさしさ・エレガント、そして幸福感

日頃の仕事疲れや人間関係に加え、暑さもピーク。夏疲れを加えたストレスがたまっている方も多いかもしれませんね。

今回は、ピンクをベースにしたカラーコーディネート。心を癒したり、やさしい気持ちにしてくれたり、ストレス社会には欠かせない色ともいえるピンクを、寝室のベース色に使ってインテリアを考えます。

ベースのピンクベースにするピンクは、やはり広い面で多用しても自然に溶け込みやすいペールトーンを選びます。ペールトーンは原色にライトグレイ~ホワイトが混色された色で、やさしい印象をつくります。(※トーン = 明度+彩度)
その中でも恋やハートがイメージできるピンクは、暖かみがありやさしく幸福感のイメージがあり、心の癒しにオススメの色みです。

さて。今回のアクセントカラーは3パターン、 A「グレイッシュ」、B「ブルー」、C「高彩度のピンク」で変化を確認。モデルルームに寝室を想定して、話しをすすめてゆきましょう。

【パターン1】

パターン1の配色パターン1はオーソドックスなカラーコーディネート。
アクセントにグレイッシュな紫を用い、同系トーンで色相差をつけました。
ハッ!とした色の変化はなく全体的に色味を抑えた、エレガントな演出に向いています。

女性は年齢を問わず、かわいいものに共感しやすいですが、甘すぎるかわいさに抵抗があることも。そんな場合には、この低彩度の配色がおススメです。憧れはありつつも、抵抗感を持たれそうな大人のカップルの寝室に、積極的に取り入れてみてはいかがでしょうか。ピンクは「若返りの色」と言わており、50代後半からのカップルに興味を持ってもらえるとうれしいですね。

インテリアは色だけでイメージするのではなく、形や素材も並行して考えます。ファッションも同じですね。

グレイッシュカラーをアクセントにした場合、形・素材もエレガントに。

形は曲線で線が細いもの。例えば家具では、椅子の猫足がエレガントで代表的な形ですが、甘みを抑えた場合には、時代様式を変えて選ぶとインテリアの幅が広がります。ファブリック素材は、柔らかいもの。シルク・レーヨン・シフォン・オーガンジーなど、目が細かく繊細なものが、このカラーイメージを損ないません。

ピンク×グレイッシュパープル

【パターン2】

パターン2の配色パターン2は変則的なカラーコーディネート。
アクセントカラーに反対色相のブルーを用います。躍動感あふれ、配色にこだわりを感じる印象です。マンネリ化したお部屋にスパイスを与え変化をもたらします。人と同じがイヤ、という個性的な方におすすめです。若い世代の寝室に取りいれてはいかがでしょうか。

形の演出次第で、イメージを制限をすることなく、エレガント・クール・ゴージャスなど多様なイメージづくりができそうです。またアクセント小物としてガラスや透過するものをセレクトすると、スパイスが効いていながらも、繊細なイメージのインテリアができあがります。

アクセントカラーにブルーを配色

【パターン3】

パターン3の配色パターン3は冒険をしてみました。
アクセントに、高彩度のピンクを用いています。同じ色相で、明度と彩度に差をつけたイメージです。日本では、彩度の高いインテリアは好まれにくいですが、スパイスとして組み合わせるのであれば、それほど抵抗感を持たれないのではないでしょうか。また、アイテムも取り入れやすいと言えます。

最近では海外の情報も当たりまえに目に入ってくるので、憧れを持っている方も多いかもしれませんね。大人セレブ女子の、華やかなインテリアを好む方にウケそうです。

形は、ダイナミックに、素材は、キラキラ。キラキラ感を出すと高彩度の印象と全体の雰囲気がまとまり、ドラマティックなインテリアになります。

アクセントカラーに高彩度のピンクを配色

インテリアにスチール素材を取り入れると、男性的なスパイスが加わります。

インテリアにスチール素材を取り入れると、男性的なスパイスが加わります。

 

いかがですか。

ベースの色相は同じでもイメージを随分変えることができるので、ターゲットに向けたさまざまなイメージが可能です。限りない演出ができるところが、色の魅力であり、奥深く面白いところです。

インテリアとカラーに興味を持たれた方はこちらもぜひお読みください。

「青」のインテリア、さわやかさ、落ち着き、そして躍動感

 

【 コラム 】
コラム【ピンク】ピンクは赤+白。赤の象徴は血液。愛や情熱をイメージし、それに白を混色したピンクはフワッとした柔らかいイメージ。情熱的な愛よりも恋、がイメージできませんか?気持ちを表す、やさしさ・幸福感などのイメージに連想されます。
またピンクが「若返りの色」と言われているのは、内分泌系に働きかけ、女性ホルモンの分泌を促すため。特に大人の女性に取り入れることは、おススメですね。

 

 

→記事一覧へ

 

加藤ひろみさん著者:加藤ひろみ
HIRO DESIGN http://www.hiro-design-color.jp
インテリア設計士
インテリアコーディネーター
インテリアの世界に飛び込んで、20年。
「人は環境によって形成されていく」と、
インテリアのチカラを確信して、日々活動しています。

 

記事の更新情報はFacebookでチェック!

ピックアップ記事

  1. 東京インテリア家具大阪本店

    2017-6-8

    ワンランク上のインテリアををリーズナブルな価格で:東京インテリア家具 大阪本店

    人にやさしい、地球にやさしい、そしてお財布にもやさしいインテリアの販売を基本理念として、創業以来50…
  2. 矢印イラスト「リボンスタイル」

    2017-2-8

    ポップなデザインの矢印イラスト「リボンスタイル」【無料ダウンロード素材】

    プレゼンボードや各種レポートなどに使える矢印イラストのポップデザインシリーズ。 第一弾は、リボンを…
  3. 刷毛で書いた風の矢印

    2017-2-3

    刷毛で書いた風の矢印イラスト【無料ダウンロード素材】

    使える手描き風矢印イラストの無料ダウンロード素材。第三弾は刷毛でザザッと描いたような力強いタッチのも…

建プロショップのお知らせ

”切り抜き樹木・花の無料ダウンロード"
ページ上部へ戻る