インテリアに最適、リアルなLEDキャンドル「Smart Flame(スマートフレイム)」【JAPANTEX2016】

smart flame

昨年も訪れた灯のコーナーはユニークな照明機器の出展が多くて、ぼくにとって、JAPANTEXの楽しみの一つになっています。
今年、コーナーの中心に展示されていたのは、たくさんのキャンドルでした。このキャンドル、遠くから見るとホンモノのロウソクに見えるのですが、近くまで寄ってみると、なんとLEDライトなのです。

 

Smart Flameの炎部分のアップ

これまでもLEDライトのキャンドルはありましたが、ただ点灯するだけだったり、炎型の薄い板をヒラヒラさせて揺らめきを表現したりしていたので、近くで見るとフェイクであることがすぐにわかりました。しかし、展示されていたLEDキャンドルは、立体的な炎の造形物が光り、しかもそれ自体が揺らめくように動くので、そばで見ていてもすごくリアル。安全に炎を楽しみたい方、火を使えない施設などでこのキャンドルを使えば、癒しの光が気軽に楽しめると思います。

iPhoneのムービーカメラで様々な角度から動画を撮ってみました。

 この製品の名前は「Smart Flame(スマートフレイム)。
興味のある方は、販売元の株式会社エルックスのWebサイトをご覧ください。

 

ページ上部へ戻る