専門性を活かした分科会で技術・知識・センスを磨いていく:日本フリーランスインテリアコーディネーター協会インタビュー

JAFICA総会

日本フリーランスインテリアコーディネーター協会(以下、JAFICA)の魅力について、会長の江口恵津子さんに伺いました。

- まず、江口さんのインテリアコーディネーターとしてのプロフィールについてお聞かせください。

江口:大学卒業から10年間は主婦をやってたんですが、あること(※1)がきっかけでインテリアコーディネーターの資格を取得しました。不動産会社に就職後、主婦の目線を活かして、生活が豊かになるようなリフォームの仕事を中心に活動し、その後 起業してヴェルディッシモを設立しました。
インテリアコーディネーターの専門学校の恩師からの紹介でTVチャンピオン「インテリアコーディネーター王」に出場して、優勝したことをきっかけに、「劇的ビフォーアフター」「ソロモン流」などのテレビ出演や雑誌への執筆活動など、仕事の幅が広がりました。現在は、一戸建て、マンションから古民家再生まで、家族が人生を “ゆっくりと楽しみ” “元気になれる”「スローリード・リフォーム」を提案しています。

- 江口さんが日本フリーランスインテリアコーディネータ協会に入会されたきっかけは?

江口:インテリアコーディネーターの専門学校の恩師からのお誘いで入会しましたが、テレビの仕事などもあってすごく忙しい時期だったので、ほとんど活動に参加できず「幽霊会員」状態でしたね。その後、仕事も少し落ち着いてきて、優秀なスタッフにも恵まれまして、協会の活動を再開し、2014年からは会長を務めさせていただいてます。

- 日本フリーランスインテリアコーディネーター協会の活動方針は?

江口:当協会は名前の通り、フリーランスとして各界で活躍しているインテリアコーディネーター同士が、それぞれの豊富な経験を元に研鑽しあい、技術や知識・センスを向上させることで、インテリアコーディネーターという職業がより社会に貢献できるようになることを目指しています。
そのための活動として、定例会や分野別に研究を深めるための各種分科会を運営しています。冒頭の写真はJAFICA総会のときのものです。JAFICAの会員は全国で活躍していますが、総会の折には各地からメンバーが駆けつけます。

- 分科会の具体的な活動事例を教えていただけますか?

江口:現在、「ミニチュア家具研究会」「うちエコ研究会」「五感インテリア研究会」「日本伝統文化研究会」の4つの分科会を運営しています。それぞれが独自の立場で一般生活者にインテリアコーディネートへの興味を喚起したり、インテリアコーディネーターの地位向上に努めたりしています。私は「うちエコ研究会」を主宰してまして、今年で3年目になります。これは環境省が推進している家庭の省エネ省CO2対策事業である「家庭エコ診断制度」の知識向上と、その診断ができる資格である「うちエコ診断士」を取得して、楽しいだけでなく社会貢献にもつながるインテリアコーディネートを目指すことを目的にした分科会です。
当分科会のメンバーもうちエコ診断士資格にチャレンジし、2年間で7名が資格取得しています。今年は「和モダンエコインテリア」を確立したいと活動中です。
他の分科会も、仕事に役立つ知識の習得や幅広い人脈の形成などを目的として積極的かつ活発に活動をしています。
今後も、魅力的な研究会の設立が、予定されています。

ミニチュア家具研究会の一般向けセミナー

【分科会活動:ミニチュア家具研究会の一般向けセミナー】
「ミニチュア家具研究会」では、1/12のミニチュアを利用して気軽にインテリアコーディネートの効果を体感してもらえる一般向けセミナーを定期的に開催しています。

- 最後に日本フリーランスインテリアコーディネーター協会のこれからの活動目標について教えてください。

江口:これまでもずっと続けてきたことですが、インテリアコーディネーターの地位と社会的な認知度の向上をさらに推進していきたいですね。そのための分科会活動ですし、テレビや雑誌などのメディアへも機会があれば積極的に露出していきたいと思います。それらの活動がインテリアコーディネーターという仕事をより深く知ってもらうことにつながると信じています。実際、分科会活動やメディア出演で当協会を知って、仕事の依頼をいただくこともたくさんあります。仕事内容に合わせてメンバーに仕事を受け渡すことで、フリーランスインテリアコーディネーターの活動支援も継続していきたいと思います。

JAFICA25周年イベントの様子

日本を代表する建築家、隈研吾氏を招聘して基調講演を行っていただきました。
当日は180名の方に参加いただき、大盛況でした。

 

日本フリーランスインテリアコーディネーター協会公式ページ
http://www.jafica.org/

 

※1

子供のころから建築の仕事に憧れてたんですが、一度も社会に出たことがなかったので、もう自分にはむりだろうな、とあきらめていました。でも、あるテレビ番組が転機になりました。サグラダ・ファミリア主任彫刻家の外尾悦郎さんのドキュメンタリーだったのですが、旅行でサグラダ・ファミリアを訪れた時に『自分はここで働かねばいけない』と天啓を得て現地の責任者に直訴したんだと。このエピソードを観て、自分もあきらめてる場合じゃないな、と思いを新たにした翌日、新聞広告でインテリアコーディネーターという資格があることを知ったんです。「建築士でなくても建築に関われるこんな資格があるんだ」と思ったことが、インテリアコーディネーターになるきっかけでした。

江口恵津子会長

江口 恵津子
株式会社ヴェルディッシモ代表取締役
http://www.verdissimo.jp/
日本フリーランスインテリアコーディネーター協会会長
家族が人生を “ゆっくりと楽しみ” “元気になれる”「スローリード・リフォーム」を提案。

;

記事の更新情報はFacebookでチェック!

ピックアップ記事

  1. バタフライスツール

    2017-2-10

    バタフライスツール【デザイナーズチェアデータベース】

    [table id=38 /] 【インテリアデザインと椅子】 なんといっても、この椅子の魅力…
  2. 刷毛で書いた風の矢印

    2017-2-3

    刷毛で書いた風の矢印イラスト【無料ダウンロード素材】

    使える手描き風矢印イラストの無料ダウンロード素材。第三弾は刷毛でザザッと描いたような力強いタッチのも…
  3. スマホに潜む危険

    2016-11-25

    情報の宝庫”スマホの隠れた危険とは?

    プライバシーが危ない! 日常にひそむセキュリティの盲点 【第1回】 メールでの連絡、SNSを使った…

建プロショップのお知らせ

”切り抜き樹木・花の無料ダウンロード"
ページ上部へ戻る