情報の宝庫”スマホの隠れた危険とは?

【スマホを守るために必要なこと】

詠子さんの例は極端ですが、スマホは利用者の個人情報がたっぷりと詰まった「機密の宝庫」です。メールやメッセンジャーなどを見れば、どんな人とどんなやりとりをしているのか丸見えです。アドレス帳には、友人知人の個人情報が大量に蓄積されています。インターネットで見たサイトの履歴やインストールされているアプリからは、趣味嗜好がわかります。電子マネーとして使っているスマホなら、事実上お財布と同じでもあります。 現代人が日常的に持ち歩いているものの中でも、スマホは最高に重要なもののひとつなのです。スマホが重要なものであることを認識した上で、最低限必要な対策を講じていきましょう。

・肌身離さず持ち歩く

カフェなどではたまに、トイレに立った際にテーブルの上にスマホを放置していく人を見かけます。これは論外です。置き引きに遭う危険を避けるためにも、必ず肌身離さずに持ち歩きましょう。

カフェでのスマホの扱い

カフェで着席しているからといって、テーブルの上にスマホを出しっぱなしで置いておくことも危険です。スリの中には、あなたの横で小銭を落として、拾うのを手伝ってもらっている間にテーブルの上のスマホを盗む、という手口を使う者もいるそうですので、注意してください。

・パスコードによるロック

詠子さんのように、スマホをパスコードでロックしておかないのは論外です。情報の宝庫なのですから、必ず鍵をかけておかなければなりません。
しかし、パスコードにも落とし穴があります。数字4桁のパスコードを使っている方の場合、本人や身近な人の誕生日に設定している人が非常に多いのが実情です。

スマホのパスコード
SNSのプロフィールで誕生日を公開している人であれば、それはもう秘密の番号ではないのです。 面倒かもしれませんが、8文字以上の複雑なパスコードを使うようにしてください。
複雑なパスコードは覚えられなくて不安、という場合には「単語」+「誕生日」+「単語」という組み合わせで作るといいでしょう。

パスワードが分からない
たとえば「Pen1103Pineapple」のような形です。 これならば、他人から推測されにくいパスコードが、比較的覚えやすい形で作ることができます。

・スマホのOSは最新ですか?

複雑なパスコードを設定したからもう安心……というわけにはいきません。この世の中には、情報の宝庫であるスマホを狙う悪人がたくさんいて、思いもよらない方法でパスコードを突破しようとしているのです。
少し前に、アメリカでニュースになった事件を覚えていらっしゃるでしょうか。銃乱射事件で逮捕された男のスマホのロックを、FBIがメーカーに解除するように要求しました。メーカーがこの要求を拒否したため、FBIがメーカーを訴えるという事件に発展したのです。最終的には「外部の協力者」によりスマホのロックが解除され、訴えは取り下げられました。
このニュースの裏側にひそんでいるのは、スマホのOSの不具合に関する問題です。 OSとは基本ソフトのことで、スマホの場合はネット接続やメールの送受信など、基本的な機能のすべてを担っています。その中には当然、ロックの機能も含まれています。

スマホのロック機能

このOSに不具合があると、ロックを回避できてしまうことがあるのです。
不具合の修正は、メーカーが「ソフトウェア・アップデート」という名前で配信しています。できるだけこまめに更新をして、OSを最新にしておきましょう。

次のページ>スマホをなくした! そのときあなたは?

ページ:
1

2

3 4
;

記事の更新情報はFacebookでチェック!

ピックアップ記事

  1. バタフライスツール

    2017-2-10

    バタフライスツール【デザイナーズチェアデータベース】

    [table id=38 /] 【インテリアデザインと椅子】 なんといっても、この椅子の魅力…
  2. 刷毛で書いた風の矢印

    2017-2-3

    刷毛で書いた風の矢印イラスト【無料ダウンロード素材】

    使える手描き風矢印イラストの無料ダウンロード素材。第三弾は刷毛でザザッと描いたような力強いタッチのも…
  3. スマホに潜む危険

    2016-11-25

    情報の宝庫”スマホの隠れた危険とは?

    プライバシーが危ない! 日常にひそむセキュリティの盲点 【第1回】 メールでの連絡、SNSを使った…

建プロショップのお知らせ

”切り抜き樹木・花の無料ダウンロード"
ページ上部へ戻る