情報の宝庫”スマホの隠れた危険とは?

スマホに潜む危険

プライバシーが危ない! 日常にひそむセキュリティの盲点 【第1回】

メールでの連絡、SNSを使った情報共有、果ては銀行振込や金融取引まで、今やネット経由でなんでもできてしまう時代になりました。
そんなネット社会の現代だけに、あなたのなにげない行動がプライバシーを危険にさらしているかもしれません。
ここでは、普段はあまり気にすることのない、日常にひそむセキュリティの盲点と対策をわかりやすく解説していきましょう。

【スマホを置き忘れただけで仕事を失う!?】

スマホを置き忘れる人

フリーランスとしてインテリア・コーディネーターの仕事をしている詠子さん(仮名)の話です。
詠子さんは打ち合わせのためにクライアント企業を訪問していました。担当者の井上さん(仮名)との打ち合わせは無事に終わりましたが、帰りがけの電車の中で詠子さんはスマホがないことに気づきました。
最後に使ったのは、打ち合わせ中にスケジュールを確認したときです。きっと、打ち合わせをした会議室に置き忘れてきてしまったに違いありません。 急いで詠子さんは引き返して、井上さんを呼び出しました。
井上「詠子さん、お探しのスマホは、これですか?」
詠子「そうです! ありがとうございます。ご迷惑をおかけしました」
井上「それなんですけどね……詠子さん、そのスマホにパスコードでロックをかけていないですよね? 誰のものかわからなかったので、申し訳ないとは思ったのですが、中をのぞかせてもらったんですよ」
詠子「えっ……」
井上「詠子さん、うちと競合の▲▲住宅さんの仕事もやってらっしゃるんですね」
詠子「それは、私もフリーランスですから、いろいろなクライアントさんがいらっしゃいますけど……」
井上「でも、うちよりもずいぶん安く仕事を引き受けていらっしゃるようで」
詠子「それは、たまたま今回だけ、先方の予算の都合で特別に……」
井上「うちだって、そんなに予算があるわけじゃないですよ。ひどくないですか?」
詠子さんは言葉を失ってしまいました。勝手に他人のスマホの中を覗くなんて非常識だと思うものの、相手はクライアントさんです。強く言い返すこともできないまま、詠子さんは今回の仕事を安く引き受けざるを得ない状況になってしまいました。 さらにお互いに気まずくなってしまい、仕事のやりとりも減ってしまいました。最終的に、詠子さんは大切なクライアント企業を一社失うことになってしまったのです。

次のページ>スマホを守るためにひつようなこと

ページ:

1

2 3 4

記事の更新情報はFacebookでチェック!

ピックアップ記事

  1. 東京インテリア家具大阪本店

    2017-6-8

    ワンランク上のインテリアををリーズナブルな価格で:東京インテリア家具 大阪本店

    人にやさしい、地球にやさしい、そしてお財布にもやさしいインテリアの販売を基本理念として、創業以来50…
  2. 矢印イラスト「リボンスタイル」

    2017-2-8

    ポップなデザインの矢印イラスト「リボンスタイル」【無料ダウンロード素材】

    プレゼンボードや各種レポートなどに使える矢印イラストのポップデザインシリーズ。 第一弾は、リボンを…
  3. 刷毛で書いた風の矢印

    2017-2-3

    刷毛で書いた風の矢印イラスト【無料ダウンロード素材】

    使える手描き風矢印イラストの無料ダウンロード素材。第三弾は刷毛でザザッと描いたような力強いタッチのも…

建プロショップのお知らせ

”切り抜き樹木・花の無料ダウンロード"
ページ上部へ戻る