賃貸住宅の空室対策、輸入壁紙でインテリアをセンスアップ【Eijffinger、coordonne】

輸入壁紙事例第三回

輸入壁紙でインテリアが変わる【第三回】

第一回はドイツrasch(ラッシュ)社の壁紙、第二回はオランダEIFFIGER(アイフィンガー)社の壁紙の施工事例をご紹介しました。
さて、今回は・・・

1:プロローグ

空き家問題が業界で話題ですが、賃貸住宅でも空室問題が取りざたされていますね。
その一方で、DIY可能賃貸物件などは入居者が予約待ちになるほど、空室とは無縁の部屋もあります。
空室対策としてDIY可能にしてしまうのは、退去時のことを考えるとオーナーさんによってはハードルが高いようです。
だけど壁一面だけカラークロスを使用して色を変えアクセントウォールにするのは、持ち家では今やポピュラーなインテリアコーディネート。
他の賃貸物件との差別化を考えているオーナー様、輸入壁紙を使ったアクセントウォールでオシャレなインテリアにリフォームしてみてはいかがでしょうか?

2:今回のお客様

第三回:Eijffinger、coordonne賃貸オーナーさんの集まりでご挨拶させていただいた、Yさま。空室対策の件で、後日メールでご連絡をくださいました。
Yさんは築24年のマンションのオーナー。現在そのマンションの二室が空室になっているとのこと。
チラシを作成されたりと色々な工夫をされていますが、タイミングなどもあって、入居者様がすぐに決まる時とそうでない時があるそうです。
そこで、インテリアにこだわったリフォームで、入居率アップをと考えて当社にお声掛けいただきました。

3:今回の依頼

賃貸マンション二室の全改装
一部輸入壁紙を使い、その他は国産ビニール壁紙。
・キッチンの面材貼替。
・ナチュラルなインテリアスタイルをご希望。

マンションの立地は郊外の駅まで徒歩9分。
築24年の3階建ての2階の2室、どちらも2DKのファミリータイプで、インテリアはオーソドックス。
新婚カップルや若いファミリー向けだが、男性の一人暮らしも増えてきている。

空室になっている二部屋のビフォー写真

空室になっている二部屋のビフォー写真

4:プランニング

間取りと方角がそれぞれ違う二室をプランニングしてプレゼンテーションするにあたり、インテリアに共通のテーマを持たせました。

共通テーマはナチュラルなイメージの北欧(NORDIC)。
そして、各室のコンセプトを
「NORDIC MORNING(北欧の朝)」
「NORDIC WARMTH(北欧の暖かさ)」
としました。

輸入壁紙リフォーム後の提案パース:Eijffinger(アイフィンガー)、coordonne(コルドネ)

■RoomA~NORDIC MORNING~          ■RoomB~NORDIC WARMTH~

どちらも輸入壁紙がイメージアイコンとなり、インテリアコーディネーターがコーディネートしたことが入居者様へのアピールポイントになれば良いと考えました。
RoomAはEijffinger(アイフィンガー)を使用し、新婚カップルや若いファミリーをターゲットにして、IKEA等のシンプル系やナチュラル系家具に合わせやすいカラースキームのインテリアにしました。
RoomBはcoordonne(コルドネ)を使用し、暖かく落ち着いた雰囲気の色使いにして、単身男性を意識した男前スタイルのインテリアに仕上げました。

さらに3DインテリアデザイナーNEO3で作成したプレゼン資料を、内覧に来られた入居希望者様へのPRツールにも使用しました。

Eijffinger(アイフィンガー)壁紙とプレゼンボード

内覧のお客様用のプレゼンボード。目につくところに置いていただきました。

5:使用した輸入壁紙について

今回は使用した輸入壁紙、Eijffinger(アイフィンガー)とcoordonne(コルドネ)について、テシード様よりブランドの情報もいただきました。
A号室にはオランダEijffinger YOSOYより 品番341514を使用。

【Eijffingerについて】(テシード様より)
Eijffinger(アイフィンガー)は、1875年にオランダで創業し、長い歴史のある壁紙とファブリックのブランドです。
Eijffingerがブランドとして重要視するものは最先端のデザインと高い品質です。
Eijffingerは独自のデザインスタジオを持ち、常に時代の先端トレンドを取り入れ、毎年幅広い生地や壁紙等のコレクションを全世界に送り出しています。
様々な素材、技法を用いて生み出させる壁紙はこのブランドならではの強い個性を主張し、そのデザインは大胆な色使いと組み合わされ、Eijffingerの世界を創りだしています。
日本に対しては、自社ブランドの壁紙とファブリックを紹介、輸出を行っていますが、本国オランダにおいては、他の海外ブランドの代理店業も営むなど幅広くインテリアに関わっています。
Eijffingerは住宅向けだけでなく、コントラクト市場向けの製品においても高い評価を得ています。

B号室にはスペインcoordonne GRISGIRSより 品番4400086を使用。

【coordonne】
coordonne(コルドネ)は、1978年に創業したバルセロナに拠点を置くスペインの壁紙ブランドです。
coordonneは、ファミリービジネスの企業で、”coordonne ”はフランス語で”座標”を意味します。
クラシックからモダン、キッズまで様々なデザインの他、デザイナーとのコラボレーション壁紙も発表しています。

6:施工

輸入壁紙アクセントEijffinger 341514

A室:輸入壁紙アクセントEijffinger 341514

玄関にも輸入壁紙 ドイツ rasch社 437805。北欧の朝のイメージ。

A室:玄関にも輸入壁紙 ドイツ rasch社437805。北欧の朝をイメージしたインテリア。

 

B室:北欧の暖かい部屋のイメージ。coordonne GRISGIRS 4400086を使用。

B室:北欧の暖かい部屋をイメージしたインテリア。coordonne GRISGIRS 4400086を使用。

B室:内覧のお客様用のプレゼンボード。

B室:内覧のお客様用のプレゼンボード。

賃貸住宅の施工はスピード感が大切です。
一日でも早く仕上げ、一人でも多くのお客様に内覧してもらいたいところです。
腕の確かな職人さんたちにお願いをして、一気に、丁寧に、仕上げていただきました。

7:エピローグ

一般の住宅の内装工事は、工事が終わって施主様に喜んでいただいて、私たちもホッとすることができますが、賃貸住宅の場合は入所者様が決まるまでは、私たち内装業者も実はドキドキしています。特に今回のようにこだわって輸入壁紙を選ばせていただいた場合。

しかも今回は
インテリアコーディネーターがコーディネートしました!』
とお客様へアピールしていましたので、入居者様が決まったと連絡をいただいた時にはとても嬉しかったですね。

ちなみにA号室(Eijffinger 使用)は20代でお子さん出産予定のファミリーが、B号室(coordonne 使用)には単身の20代女性が入居されたそうです。

”ほぼ”狙い通りといっていいですね!

輸入壁紙を使って、インテリアコーディネーターがコーディネートしている。」

それが賃貸住宅の価値を上げ、住む人の生活を豊かにする、そんなお手伝いをさせていただけた私にとっても嬉しい事例となりました。

 

輸入壁紙のインテリアにご興味をお持ちいただけたら、こちらもぜひお読みください。

子供の自由なインテリアセンスに任せて輸入壁紙を【Eijffinger】

輸入壁紙でインスタ映えするインテリアのスイーツ店に【ドイツRasch社】

岡室妙子さん執筆者:岡室 妙子Taeko Okamuro
インテリアコーディネーター/カラーコーディネーター
大阪府池田市出身 二児の母。
世界中の壁紙の中からお気に入りの一枚を探すお手伝いをさせていただきます。
壁紙だけでなくリフォームやインテリアのこともお気軽にご相談ください。
株式会社MURO
http://www.mu-ro.jp/

 

 

 

輸入壁紙記事一覧はこちらです。

記事の更新情報はFacebookでチェック!

ピックアップ記事

  1. テシード東京ショールーム

    2017-5-16

    インテリアを彩る世界各国の壁紙やファブリックを日本に紹介:テシード東京ショールーム

    日本のインテリア空間がより魅力的なるように、世界各国の様々な壁紙やファブリックを紹介、販売しているの…
  2. 矢印イラスト「リボンスタイル」

    2017-2-8

    ポップなデザインの矢印イラスト「リボンスタイル」【無料ダウンロード素材】

    プレゼンボードや各種レポートなどに使える矢印イラストのポップデザインシリーズ。 第一弾は、リボンを…
  3. 【部屋別】インテリア写真撮影講座:セルコホーム編その2

    2016-4-25

    天井のデザインで魅せる撮影術

    【インテリアコーディネーターが教える!部屋別インテリア写真撮影講座:セルコホーム編その2】付け梁や折…

建プロショップのお知らせ

”切り抜き樹木・花の無料ダウンロード"
ページ上部へ戻る