第二回「JAFICA・バルセロナ・ペンション・インテリアコーデネート・プロジエクト」レポート(ライター:中山瑞穂氏)

JAFICAバルセロナペンションインテリアコーディネートプロジェクト第二回

■JAFICAバルセロナペンションインテリアコーディネートプロジェクトについて

2月6日、寒さ厳しい日本を後にバルセロナに向けて出発しました。昨年開催された「インターナショナルインテリアコーディネートビジネスプロジェクト」(以下IICBP https://iicbp.blogspot.jp/)の第2弾に参加するためです。今回は家族同伴組も入れて総勢27名の大所帯。関東・四国は勿論、大阪・滋賀・奈良・新潟からの参加もありました。
第一回IICBPの報告会を全国各地で開催したのですが、その参加者が今回のプロジェクトに加わってくれたのです。
そもそもこのプロジエクトは、JAFICAメンバーの竹内氏が訪れたバルセロナのペンション「カサデバルサ」のオーナー岡崎氏との会話の中で生まれたものです。

カサデバルサの入り口のドア

重厚な入り口のドアを持つペンションカサデバルサ

ペンションは築100年のヨーロッパ建築で重厚な建物ですが、室内は白ペンキで塗っただけの簡素な部屋で、所々傷みも出てきたため改装を考えていたところ、竹内氏の「JAFICAのメンバーにコーデネートしてもらっては?」という提案で実現したのです。
※第一回IICBPについては松本佳津さんのレポート( http://success-interior.jp/matsumotokazu04/ )を参照ください。

■改装1年後のオーナーの感想は?

ペンション「カサデバルサ」のこの1年についてオーナーの岡崎氏に感想をお伺いしました。

【岡崎氏より】
カサデバルサは運営5年目になりますが、宿泊者の多くは日本からのお客様です。
改装前は白一色の壁の印象から「病院か」という冗談もでるくらい質素な部屋でした。
そこで2年前、JAFICAの副会長(当時)をされていた竹内様が宿泊された時に相談したところ
「JAFICAの会員で改装しましょう」ということで、昨年各部屋のインテリアコーディネートをしていただきました。
JAFICAの皆さんに、部屋というキャンバスをそれぞれのストーリーで彩っていただき、どの部屋もたいへん個性的に仕上がりました。本当に十人十色ですね。
改装後の部屋はお客さまから大変評判が良くて、予約の際にお部屋の指定をいただくこともしばしばありました。宿泊費が値上げできた部屋もあります。
バルセロナの他のペンションは以前のカサデバルサのように壁の色が白一色とシンプルなところが多いのです。改装後のカサデバルサほどバラエティーにあふれたペンションは他にはないと思います。

次のページ>前回を超えるインテリアコーディネートを目指して

ページ:

1

2 3 4

記事の更新情報はFacebookでチェック!

ピックアップ記事

  1. バタフライスツール

    2017-2-10

    バタフライスツール【デザイナーズチェアデータベース】

    [table id=38 /] 【インテリアデザインと椅子】 なんといっても、この椅子の魅力…
  2. 刷毛で書いた風の矢印

    2017-2-3

    刷毛で書いた風の矢印イラスト【無料ダウンロード素材】

    使える手描き風矢印イラストの無料ダウンロード素材。第三弾は刷毛でザザッと描いたような力強いタッチのも…
  3. スマホに潜む危険

    2016-11-25

    情報の宝庫”スマホの隠れた危険とは?

    プライバシーが危ない! 日常にひそむセキュリティの盲点 【第1回】 メールでの連絡、SNSを使った…

建プロショップのお知らせ

”切り抜き樹木・花の無料ダウンロード"
ページ上部へ戻る