!【部屋別】インテリア写真撮影講座:セルコホーム編その3

【インテリアコーディネーターが教える!部屋別インテリア写真撮影講座:セルコホーム編その3】大きな住宅の外観を撮影する場合、周辺の状況によっては全体を写すのが難しいこともあります。今回はモデルホームということでポジションの自由度が高く撮影しやすい状況なので、様々な位置から住宅の外観撮影のポイントを解説します。

【写真1】全体が写るようにかなり後ろに引いて撮影。右側のサイドの壁も写っていて、大きく感じると思います

【写真1】全体が写るようにかなり後ろに引いて撮影。右側のサイドの壁も写っていて、大きく感じると思います。

 

【写真2】右側からの横カット。掲示板も入っていないし、屋根もきれいに写っているので使えるカットです。

【写真2】右側からの横カット。掲示板も入っていないし、屋根もきれいに写っているので使えるカットです。

 

【写真3】左側より横カット。やや上向きに撮影。地面が写っていないとなんとなく不安定な感じがします。

【写真3】左側より横カット。やや上向きに撮影。地面が写っていないとなんとなく不安定な感じがします。

 

【写真4】左側より縦カット。左側にあった掲示板が入らないように調整した結果、左側が少し切れてしまいました。屋根は入っているので、やや使えそうなカット。

【写真4】左側より縦カット。左側にあった掲示板が入らないように調整した結果、左側が少し切れてしまいました。屋根は入っているので、やや使えそうなカット。

 

【写真5】左側より横カットで撮影。左側の屋根上が切れているので、あまりよくないカット。

【写真5】左側より横カットで撮影。左側の屋根上が切れているので、あまりよくないカット。

 

【写真6】写真1は、実際にはこちらが撮影したもので、掲示板マップが入っているのをトリミングしています。

【写真6】写真1は、実際にはこちらが撮影したもので、掲示板マップが入っているのをトリミングしています。

 

★★今回のボツカット公開★★

どうにも使えないカット。どこを見せたいかの目的がはっきりしていないとこうなってしまいます。 逆に、もう少し風見鶏によるなど近づいてアップにした方が使えたかもしれません。

どうにも使えないカット。どこを見せたいかの目的がはっきりしていないとこうなってしまいます。
逆に、もう少し風見鶏によるなど近づいてアップにした方が使えたかもしれません。

 

【セルコホーム編関連記事】
吹き抜けのリビングの広がり感を上手に撮影するには:インテリアコーディネーターが教える!【部屋別】インテリア写真撮影講座:セルコホーム編その1
付け梁・折上げなど天井のデザインを見せたいシーンの撮影法:インテリアコーディネーターが教える!【部屋別】インテリア写真撮影講座:セルコホーム編その2

土谷尚子さんのインテリア写真講座、すべての記事はこちらでご覧いただけます。
http://success-interior.jp/tag/インテリア写真撮影講座/

土谷尚子プロフィール写真

著者プロフィール
土谷尚子
インテリアプランナー、インテリアコーディネーター、マンションリフォームマネージャー、カラーコーディネーター
主婦の友社「ナチュラルな暮らしのヒント」他、雑誌の執筆やインテリア監修、スタイリング撮影などプランニング力・マネージメント力・情報収集力を活かしたライフスタイルコンサルタントとして、現在活動中。
ブログ:http://ameblo.jp/life-naturally/

ページ上部へ戻る