ダイアモンドチェア【インテリアと椅子】

ダイアモンドチェア(Diamond Chair)
【基本情報】
ダイアモンドチェア(Diamond Chair)
デザイナー:ハリー・ベルトイア(Harry Bertoia)
1952年/アメリカ
製造:ノール社(Knoll)

【デザインの背景】
イタリアで生まれたベルトイアは、1930年にアメリカに移住し、クランブルック・アカデミーで学んだ後、メタルワークの工房を設立しました。その後、カリフォルニアでチャールズ&レイ・イームズと組んで成形合板の加工技術開発に取り組んでいましが、後に袂を分かち、ハンス・ノール(ノール社の社長)の援助を受けて創作活動に入ります。その頃にノール社から発表したのがこのダイアモンドチェアです。ベルトイアが作った椅子は、このワイヤーメッシュで作られた一連の作品のみで、以降は自身を彫刻家と定義し、多くの金属による彫刻作品を残しています。
長さの異なるワイヤーを1本1本曲げ加工し、それを椅子の形状に溶接して作られたこの椅子は、形状・素材の金属の美しさ・背景をも取り込む空気感の三位一体となった美しい彫刻作品のような椅子です。
【現在の状況】
ダイアモンドチェアはフルカバータイプのバリエーションもあり、共に現在もノール社で生産されています。

【インテリアデザインと椅子】
透明感のある軽快なデザインの椅子ですが、サイズは結構大きく、ワイヤーメッシュの特性もあって屋外で使用されることが多いようです。作例ではソファともチェアとも異なるニュアンスをプライベート空間で贅沢に使ってみました。

ダイアモンドチェア(Diamond Chair)

>目次に戻る

ページ上部へ戻る