超軽量のレーザー距離計「BOSCH ZAMO 2(ボッシュ ザーモ 2)」実機レビュー

BOSCH ZAMO 2のパッケージ

レーザー距離計はプロが使うハイテクなツールというイメージですが、それだけに高価(1万円〜数万円)な製品が一般的です。
しかし、2017年4月に発売された「BOSCH ZAMO 2(ボッシュ ザーモ 2)」は標準小売価格8,300円(税別)と入手しやすい価格で魅力です。しかも、自動車用パーツや工具で世界的に有名なBOSCHブランドですから、信頼性も抜群。ということで、今回ボッシュ株式会社より「BOSCH ZAMO 2(ボッシュ ザーモ 2)」をお借りして、使用感や機能性などについてレビューいたします。

■外観デザイン

BOSCH ZAMO 2
オリーブグリーンのボディに、前面パネルはブラックと引き締まったイメージ。赤いBOCSHのロゴが目を引きます。手のひらにスッポリと収まるコンパクトサイズで、重さはわずか80g。工具としてはちょっと頼りないか、と思わせるほどの超軽量設計です。
プロ向けのレーザー距離計は外装の要所をラバーなどでコーティングしてあるものが多く、落とした時の衝撃を吸収するようになっていますが、ZAMO 2はプラスティックむき出しなので、取り扱いには気をつけたいところです。

■使い勝手
距離の測定だけに機能を絞っているので、使い方に迷うことはまずありません。ボタンも一つしかありませんので、説明書なしでもすぐに使えます。電源ボタンを押すとレーザーが点灯して測距状態になり、連続的に距離を測り続けます。もう一度電源ボタンを押すとホールドモードになり、レーザーが消灯して測定した数値が固定して表示されます。測定結果は直近のものと、その一つ前のものが液晶画面に表示されます。
測距モードでは連続的に距離が測定され続けますので、「壁面から2.5mのところを測りたい」といったときに、ZAMO 2をずらしながら2.5mと表示されるところまで動かす、という測り方ができます。
測定値をホールドするモードは、高いところを測る際に液晶表示が見にくい時や、壁面の縦と横を図って面積を算出したい時などに使えます。

■プロ向けのツールに迫る精度

株式会社MURO http://www.mu-ro.jp/ 代表 岡室 憲 氏

株式会社MURO
http://www.mu-ro.jp/
代表 岡室 憲 氏

建築業や内装業界では、プロ向けのレーザー距離計を使っている方が多いですが、そんなプロツールと比較してZAMO 2はどれぐらい使えるのでしょうか。

輸入壁紙施工のプロフェッショナル、株式会社MUROの岡室 憲さんに、一週間ZAMO 2を使ってもらいました。

 

 

 

岡室さんは、普段お仕事にはLEICA DISTO D2とD110を使われています。

岡室さん愛用のLEICA DISTO D2とD110

岡室さん愛用のLEICA DISTO D2とD110

— ZAMO 2の第一印象はいかがですか?

岡室:普段使っているLEICA DISTOと比べるとすごく小さくて軽く感じました。デザインもかわいいですね。

— 普段お仕事には、LEICA DISTOは、どんな場面で使われているのでしょうか?

岡室:現地調査での施工か所の寸法測定に使っています。コンベックスよりもスピーディーに計測できるので便利です。吹き抜けの天井高など手が届かないような場所を採寸するのには必須ですね。

— プロならではのレーザー距離計の使い方ってありますでしょうか?

岡室:階段室の壁紙張り替えでは、階段の各踏み面から天井までの高さを測定するのですが、これはレーザー距離計が必須の場面ですね。手早く正確に寸法が取れるので、コンベックスよりも作業時間が1/2ですみます。

階段室での測定にはレーザー距離計が非常に重宝します。

また、事務所とか体育館のような大きな物件では何十メートルという距離を測定する場合もありますので、これはもうレーザー距離計の独壇場ですね。
あと、これは距離測定とは関係ないのですが、現場での打合せで手の届かない場所を指し示す時にレーザーポインタ代わりにも使っていますよ。

— それは面白い使い方ですね。今回、愛用のLEICA DISTOと一緒にBOSCH ZAMO 2も現場に持っていっていただいたのですが、使い比べてみていかがだったでしょうか?

岡室:住居での測定なら、LEICA DISTOと比べてBOSCH ZAMO 2は遜色なく使えました。測定精度もまったく問題なかったです。測定のレスポンスも早くて気持ちよいぐらいですね。

LEICA DISTO D2、D110、BOSCH ZAMO 2それぞれで、同じ距離を測定した結果。

LEICA DISTO D2、D110、BOSCH ZAMO 2それぞれで、同じ距離を測定した結果。

ただ、測定距離が20mまでなので、大規模な事務所や体育館のような大きな物件を扱う業者には向きません。LEICA DISTO D110は60m、LEICA DISTO D2なら100mまで計測できます。でも住宅中心の内装業者やインテリアコーディネーターの現地調査なら十分に業務用として使えると思います。

— BOSCH ZAMO 2は気に入られましたか?

岡室:私は、機能性だけでなくデザイン性も気になるほうなのですが、BOSCH ZAMO 2は機能はもちろんのこと、スタイリッシュな外観にも魅力を感じました。小さくて軽いので、プライベートでも常時持ち歩けそうなのがいいですね。

— BOSCH ZAMO 2のご試用、ありがとうございました。

BOSCH ZAMO 2の製品ページはこちらへ
http://www.bosch.co.jp/pt/products/?id=ZAMO2

;

記事の更新情報はFacebookでチェック!

ピックアップ記事

  1. バタフライスツール

    2017-2-10

    バタフライスツール【デザイナーズチェアデータベース】

    [table id=38 /] 【インテリアデザインと椅子】 なんといっても、この椅子の魅力…
  2. 刷毛で書いた風の矢印

    2017-2-3

    刷毛で書いた風の矢印イラスト【無料ダウンロード素材】

    使える手描き風矢印イラストの無料ダウンロード素材。第三弾は刷毛でザザッと描いたような力強いタッチのも…
  3. スマホに潜む危険

    2016-11-25

    情報の宝庫”スマホの隠れた危険とは?

    プライバシーが危ない! 日常にひそむセキュリティの盲点 【第1回】 メールでの連絡、SNSを使った…

建プロショップのお知らせ

”切り抜き樹木・花の無料ダウンロード"
ページ上部へ戻る