バルセロナチェア【インテリアと椅子】

バルセロナチェア
【基本情報】

デザイナー:ルードヴィッヒ・ミース・ファン・デル・ローエ(Ludwig Mies van der Rohe)
1929年/ドイツ
製造:ヨーゼフ・ミュラー社(Berliner Metallgewerbe Joseph Muller)
   1948年~ ノール社(Knoll)がミース監修のもとに復刻

【デザインの背景】
20世紀を代表する建築家の一人で、「バウハウス」の第三代目校長も努めたミース・ファン・デル・ローエが1929年にスペインのバルセロナで開かれた万国博覧会のドイツ館を設計したときに、パビリオンを訪れるスペイン国王などのVIPのためにデザインした椅子です。緩やかな曲線を描くフラットバー(平鋼材)のデザインが美しい椅子です。この椅子と同時にデザインされたオットマンにその特徴がよく表れているように、この椅子は古代エジプトやギリシャの支配者が座ったX字型の椅子をヒントにデザインされたと言われています。
【現在の状況】
ノール社で「復刻」したといっても、ミース自身が直接監修して高度な技術と研究によって開発されたもので、ほとんどオリジナルと言えるノール社を代表する椅子です。

【インテリアデザインと椅子】
大きな座面、黒いレザー張りのクッションを使ったこの椅子は、クオリティの高いスタイリッシュなリビングやエントランスロビーによく使われますが、レザーの色を明るくするとフラットバーの美しい曲線・軽快さが引き立ち、プライベート空間にもよく合います。

バルセロナチェアとインテリア

>目次に戻る

ページ上部へ戻る