気軽に立ち寄れるバング&オルフセンストア 梅田店

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
バング&オルフセン梅田

バング&オルフセン(Bang & Olufsen)は、デンマークに本社を置くオーディオ・ビジュアル製品のメーカーで、音響製品としての品質の高さとともに、優れたデザインで、インテリアと調和するオーディオとして定評があります。
日本にはバング&オルフセンのストアが全国に14店舗ありますが、大阪にあるバング&オルフセン梅田は、仕切りがない開放的な空間が特徴です。
開放的なバング&オルフセン梅田店
大阪駅に隣接するファッションビル、ルクア イーレ9階にあり、同フロアの蔦屋書店とシームレスにつながる店舗は、高級オーディオブランドストアでありながら、誰もが気軽に入れる雰囲気。
それもあって、バング&オルフセン梅田には若い人たちの来店も増えていて、カジュアル層向け製品であるB&O PLAYシリーズのコーナーが人気です。

【B & O Playシリーズの展示コーナー】

B&O PLAYシリーズの展示コーナー】

蔦屋書店の一角にあるスタイルで、バング&オルフセンの特徴の一つである「自然で柔らかに広がる音を楽しむ」、というリスニングスタイルを体験できる店舗です。

【独特のデザインでインテリアにも映えるスピーカー「Beo;lay A9」】

【独特のデザインでインテリアにも映えるスピーカー「Beoplay A9」】

展示している製品は、スピーカーもヘッドフォンもすべて試聴可能。
お持ちのミュージックプレイヤーを接続して、いつも聞いている音楽でバング&オルフセンの音質を確かめることもできます。

さて、バング&オルフセン梅田が、いまイチオシの製品が、こちら。

【BEOVISION ECLIPSE】

【BEOVISION ECLIPSE】

「BEOVISION ECLIPSE」。
バング&オルフセンが11月末に日本で発売したばかりの新製品「BEOVISION ECLIPSE」。「BEOVISION ECLIPSE」はチューナーを内蔵しているほか、WebOSも搭載しておりNETFLIXAmazon Prime Videoなどのネット動画サービスも本製品単体で利用できます。
有機EL 4K HDRディスプレイなので、引き締まった黒色表現とリアリティのある色彩表現を堪能できます

【有機ELディスプレイなので、非常に薄く、背面もスタイリッシュ】

【有機ELディスプレイなので、非常に薄く、背面もスタイリッシュ】

スピーカーは合計6つのユニットを搭載した3チャンネルステレオで、クラシックのような荘厳な音楽から、SF映画の迫力あるサウンドまで、心地よく鳴らします。

【迫力のサウンドを奏でるBEOVISION ECLIPSEのスピーカーシステム】

【迫力のサウンドを奏でるBEOVISION ECLIPSEのスピーカーシステム】

スピーカーグリルも、アルミニウムのほか、5色のファブリックを選ぶことができ、インテリアに溶け込むオーディオとしてのバング&オルフセンらしい製品になっています。
オプションのフロアスタンドはリモコンでディスプレイの方向を自由に変更できますが、このなめらかな動きにもバング&オルフセンらしい高級感が漂っています。

気軽に楽しめB&O PLAYシリーズ、本格オーディオのBeoSoundシリーズ、そして「BEOVISION ECLIPSE」。バング&オルフセン梅田で確かめられます。

バング&オルフセン梅田

バング&オルフセンについては、こんな記事も描いています。

インテリアに調和する家電:五感で楽しむインテリア バング&オルフセン「BeoPlay A6」

大阪インテリアショップ&ショールームガイド目次ページへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

記事の更新情報はFacebookでチェック!

建プロショップのお知らせ

”切り抜き樹木・花の無料ダウンロード"
ページ上部へ戻る