インテリアもリアルに体感!建築プレゼン用VR最前線レポート

福井コンピュータアーキテクトロゴ

ARCHITREND VR

同社は3D建築CADシステム「ARCHITREND ZERO」の開発販売を手がけている。ARCHITREND ZEROで作られたCADデータを瞬時にVRコンテンツへ変換し、ストレスなくVRの世界へ導くのが「ARCHITREND VR」だ。
Oculus RiftやHTC VIVEで閲覧することにより、奥行き方向や高さ方向をもったバーチャル空間を体感できる。
HTC VIVEならルームスケール機能の範囲内でVR空間を歩き回ることが可能だ。

HTC VIVEならバーチャル空間を歩き回れたり、触れたりできる。
付属のコントローラを使えば任意の位置にジャンプしたり玄関からリビング、キッチンへと歩行して移動できるほか、システムキッチンの高さを手で触れるような感覚で確認できる。

HTC VIVEは手に持つタイプのコントローラに振動でフィードバックがくる。

HTC VIVEは手に持つタイプのコントローラに振動でフィードバックがくる。

2階から吹き抜け越しに1階を見下ろせば足が竦む感覚が体感できてまさに家の中にいるような感覚で没入できる。

高さを感じられるのもVRならではだ。

高さを感じられるのもVRならではだ。

ARCHITREND ZEROの構造設計機能で作成した木構造をVRで閲覧すれば、工法などを確認してもらえるため、バーチャルな構造見学会も開催可能だ。

これから建つマイホームの構造もリアルに確認できる。

これから建つマイホームの構造もリアルに確認できる。

他では見られない住宅模型モードも面白い。「空間内に入り込める」というのがVRの利点だが、住宅模型モードでは発想を逆転して、3Dデータを実物大ではなく縮小して表示させ、VR空間内で住宅模型のようにして見ることができる。いわゆる鳥瞰図のように、斜め上方から建物全体を俯瞰できるほか、任意の箇所で「輪切り」にしてカットウェイモデル的に確認するのも楽しい。

模型モードなら好きな位置で住宅模型をカットするようにして見ることができる。

模型モードなら好きな位置で住宅模型をカットするようにして見ることができる。

ARCHITREND ZEROとARCHITREND VRがあれば、プラン提案、建築設計、構造見学、完成予定のマイホームのバーチャルツアーがワンストップで実現できる。

ARCHITREND VRのWebサイト:http://archi.fukuicompu.co.jp/products/architrendvr/

そして、最新の建築VRシミュレーション製品として登場したのが「メガソフトVRソリューション」だ。

次のページ>バーチャル空間でインテリアコーディネートできる「メガソフトVRソリューション」

ページ:
1

2

3

記事の更新情報はFacebookでチェック!

ピックアップ記事

  1. バタフライスツール

    2017-2-10

    バタフライスツール【インテリアと椅子】

    [table id=38 /] 【インテリアデザインと椅子】 なんといっても、この椅子の魅力…
  2. 刷毛で書いた風の矢印

    2017-2-3

    刷毛で書いた風の矢印イラスト【無料ダウンロード素材】

    使える手描き風矢印イラストの無料ダウンロード素材。第三弾は刷毛でザザッと描いたような力強いタッチのも…
  3. スマホに潜む危険

    2016-11-25

    情報の宝庫”スマホの隠れた危険とは?

    プライバシーが危ない! 日常にひそむセキュリティの盲点 【第1回】 メールでの連絡、SNSを使った…

建プロショップのお知らせ

”切り抜き樹木・花の無料ダウンロード"
ページ上部へ戻る